主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

「未来の働き方を考えよう」ちきりん

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

 

<ちきりん版 LIFE SHIFT>から思う事

 

週末副業時代

一部の企業で、「副業」が解禁されつつあります。社員の福利厚生のひとつという事もありますが、多様な経験を積むことによって、本業にも好影響を及ぼす可能性があるからです。

 

ネット社会が進み、以前に比べ、副業が簡単に出来るようになったと思います。

 

例えば、モノを作ってネットで売る。ブログや動画で広告収入を得る。開いている部屋を貸す、などなど。

 

そんな中で、自分が会社の仕事だけで日々追われていることは本当にもったいないです。

 

何かやりたいなあ、と思うだけでは進みません。まずやってみること。

「まずやってみる」ことが、とても簡単になった時代ですから。

 

ストックからフローの時代へ

 「LIFE SHIFT」リンダ・グラットン著

LIFE SHIFT(ã©ã¤ãã»ã·ãã)

にもありましたが、変化のスピードが速すぎて、身に付けたスキルはすぐに陳腐化し、通用しなくなります。

 

今の子供が将来就く仕事のほとんどは「現在存在しない仕事」だといいます。

そんな時代に、コツコツ節約をして、老後に備えることが、本当に不安を解消する最善の手段なのでしょうか。

 

将来が不安だからこそ、積極的に「自分」に投資し、「自分」を資産化すべきなのではないでしょうか。

まず「お金で時間を買える」ことは実行し、「成長のために使える時間」を確保していきたいです。

 

お金やモノ、友達の「蓄積(ストック)」を自慢するのではなく、「いま、お金をどう使えているか」「いま、どんな友達と付き合って楽しいのか」という「いま、その時々(フロー)」を大事にしていきたいです。

その中で、古くなった「ストック」は捨てていっていいのです。

 

40代からの仕事の選びなおし

これも「LIFE SHIFT」的考え方です。

人生100年時代、一つのキャリアでは到底務まりません。

 

自分に向いている事、自分のやりたくない事、自分の目指したい生き方が分かってきた、40代だからこそ、20代とは違った仕事の選び方が出来るはず、といいます。

 

確かに、今こうやってブログを書いている事、読書会に参加している事、などなど自分がやっていて楽しい事が見つかってきています。

そんな「やりたい事」を見つけられた自分はラッキーです。

 

40代は楽しい、と本当に思っています。

 

 どんどん新しい事に挑戦していきましょう♪

 

では。また。