主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

「リアル脱出ゲーム×不思議の国のアリス展」 ~兵庫県立美術館

<可愛い展示も観て、謎解きも充実。>

こんばんは。ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

  

今日の記事は、

神戸で開催されている「不思議の国のアリス展」と、コラボ開催の「リアル脱出ゲーム~不思議の国からの脱出」に参加してきたレポートになります。

 

私がサポーターとして参加しています、「彩ふ読書会」のなかで、「サークル活動」として、「謎解き部」という活動があります。

(※サークル活動の詳細は下記HPにて)

iro-doku.com

 

「謎解き部」の企画で、今回の脱出ゲームに参加させていただきました。

企画された方どうもありがとうございました。

 

◆「リアル脱出ゲーム~不思議の国からの脱出」とは?

今回の「脱出ゲーム」は、美術展コラボイベントです。

「不思議の国のアリス展」を観ながら、館内にあるなぞ解きをする、という形式です。

www.alice2019-20.jp

 

 

脱出ゲーム詳細は↓↓

http://www.alice2019-20.jp/collaboration/

 

まず、入り口でチケットを購入したうえで、

「謎解きキット(別売り)」を購入します。可愛いです。テンション上がります。

 

f:id:chikuwamonaka:20190510231205p:plain

 

 

◆いざ、中へ!

今回の参加者は9人。男女混成3人×3チームに分かれ、チーム対抗戦としてスタートしました。

 

館内は連休中にも関わらず、さほど混雑してませんでした。

 

①純粋にアリス展を観に来られた方、

②アリス展ついでに脱出ゲームをされている方、

③脱出ゲーム目当ての方、

の3パターンに分けると、おおむね2:5:3(独断)。

 

私は最初は③だったのですが、教えてもらいながら周れたので、最終的には②かな~。

 

①の方には、若干迷惑気味だったような、、。(すみません)

 

謎解きの詳細はネタバレになるので書きませんが、3人で協力すれば、長時間詰まることもなく、比較的簡単だったような気がします。

 

結果から言うと、「謎解きクイーン」を擁するチームが、サクサク解きながらあっという間に(ものの20分ぐらい?)ゴール、ぶっちぎりの優勝でした~。

 

私のチーム含め残る2チームは、展示を見ながら1ブロックずつ進んでいってました(勝つ気なし)。

 

◆展示も可愛い

展示もひととおり、教えてもらいながら観ました。

これは撮影可のゾーンにあったアーティストによる作品。「へんなお茶会」です。

可愛いです。

f:id:chikuwamonaka:20190510233654p:plain

 

◆終了後、お茶会

全チーム謎解きフィニッシュ×観覧を堪能したので、美術館を後にし、ロイヤルホストにてしばしのお茶会。

皆さんお疲れ様でした!

 

◆さらに、、

この夜、メンバーを変更して、夜の読書会、「第3回おでん会」が、北新地、10名で開催されました。

詳細は秘密なので書きませんが、皆さんそれぞれ、個性的な本を紹介してくださいました。

主催の方ありがとうございました!

 

そして夜は更け、、本当にお疲れ様でした!

 

※すみれのカクテル!

f:id:chikuwamonaka:20190510234412p:plain

 

では、また!