主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

彩ふ読書会 ~京都北山 ①推し本読書会

私ちくわは関西を中心に活動している読書会、「彩ふ読書会」に、

昨年5月からサポーターとして活動しています。

 

彩ふ読書会の目的は「本が好きな方の居場所作り」です。

「家庭でもない、職場でもない、第三の場所」をコンセプトに、色んな価値観を持った方々が集まり、意見を交換し合うこと、また空間を共有しあうことで新しく生まれる何かを楽しもう、という集まりです。

ジャンルは問いません、いい意味でバラけていて、「何でもアリ」なので、男女問わず、また若い方から年配の方まで、気軽にアットホームな雰囲気で、リピーターさんも多数いらっしゃいます。

また、「皆で作っていく読書会」というのも魅力です。私のようなサポーターだけでなく、リピーター参加者の方に進行役や会場セッティングを手伝ってもらいながら、運営しています。

 

iro-doku.com

 

5/26(日)は第6回京都開催でした。

 

午前の部:推し本読書会

午後の部:課題本読書会 「砂の女(安部公房)」

夕方の部:「ヒミツキチオブサクラカフェ(サークル活動など)」

 

今回も「SAKURA CAFE」さんで行われました。

 

f:id:chikuwamonaka:20181220001450j:plain

 

それでは、午前の部のレポートです。

本日参加は何と過去最高の28名!男性15名、女性13名。

初参加の方は11名いらっしゃいました。(すごい)

今回はテーブルを4つに分けて、スタートしました!

 

10:40になり、司会者より挨拶・案内のあと、

各テーブルの進行役にバトンタッチし、読書会がスタートです。

 

私は、Bテーブルに入りました。

Bテーブルの参加者は7名。

最初に簡単な自己紹介をおこないます。

そして、進行役から時計回りに順番に推し本を紹介していきます。

かなりバラエティに富んでおります。

 

f:id:chikuwamonaka:20190526225105j:plain

 

①「思い出の作家たち」ドナルド・キーン

進行役の女性からの紹介。

午後の課題本「砂の女」の解説を書いている、ドナルド・キーンさんの本ということで持ってきていただきました!

 

先日惜しくも鬼籍に入られましたが、出版日を見ると令和元年5月1日!記念です。

 

キーン氏は三島由紀夫・阿部公房と特に親交が深かったようで、記述がとても興味深いものでした!

 

②「花まんま」 朱川湊人

サポーターの女性からの紹介。

昭和40年代・50年代の大阪を舞台にしたちょっとホラーな短編集。

 

「ほっこりしたり、しなかったり(笑)」ということです。

この作家さんは知らなかったのですが、とても気になる一冊ですね。

 

③「時をかけるゆとり」 朝井リョウ

「何者」「桐島、部活やめるってよ」で有名な朝井さん。

心にグサッとくる小説を書かれていますが、こちらは爆笑のエッセイ集だそうです。

1月の京都開催「装丁グランプリ」で「風と共にゆとりぬ」が紹介され、

 

chikuwamonaka.hatenablog.com

これもかなりバカバカしいエッセイでしたが、これのシリーズだったのですね。

 

④「ハンニバル戦争」 佐藤賢一 

久々の男性からの紹介。

ローマ・カルタゴ戦争は、世界史でも習いますし、わたしも、大体どんなのか知っていましたが、、なかなか分厚い本です!

 

タイトルこそカルタゴの天才「ハンニバル」ですが、むしろローマのスキピオに焦点を当てている「スキピオ伝」のようです。

 

天才ハンニバル将軍の前に何度も苦杯を喫するスキピオですが、戦うたびに成長していく姿に、「ガンバレ」と応援してしまう面白さがあったそうです。

 

⑤「ブッダとシッタカブッダ」 小泉吉弘

初参加の男性からの紹介。

結構歴史ある、ブタが主人公の漫画です。

4コマ漫画なのですが、心にしみることを言ってきます。

迷った時、疲れた時に、「そのままでいいんだよ」とそっと背中を押してくれる、

そんな本ではないでしょうか。

 

⑥「九鬼周造随筆集」

初参加の男性からの紹介。

「『いき』の構造」で有名な方の随筆です。

 

ちょっと難しそう、と思ったのですが、随筆だけあって、割と読みやすそうで、西洋の哲学的な考え方に触れることが出来る、いい本なのではないかと思いました!

 

⑦「具体と抽象」細谷功

私ちくわの紹介本です。

この本は、私にとって今年最も刺激を受けた本でした。

「抽象」の重要性を理解でき、私を成長させてくれる知恵を与えてくれました。

 

詳しくは、今後のブログに書いていきます。

 

ということで、1周まわったところで、時間となりました。

 

テーブルNo1の時間

先月から始めた、「テーブルで一番読みたい」と思った本を「せーの」で指さして、1番になった本を全体発表するという試みです。

 

他テーブルの紹介本とNo1はこちらです。

 

 

f:id:chikuwamonaka:20190526225047j:plain

 

 

f:id:chikuwamonaka:20190526225109j:plain

f:id:chikuwamonaka:20190526225112j:plain

Aテーブル:「悲しくも笑える左利きの人々」渡瀬けん

Bテーブル:「具体と抽象」細谷功(私の推し本です)

Cテーブル:「ほどなく、お別れです」長月天音

Dテーブル:「トリック」エマヌエル・ベルクマン(2か月連続推し本No1を獲得した参加者です!)

 

全体発表の後、1時間ほどフリートークタイムとなります。

今日は参加者が多かったので、大いに盛り上がりました。

 

これだけ多いと、少々マイナーなジャンルでも、必ず興味を示してくれる方がいるものです!

私の趣味はちょっとどうかなあ、と思っている方、大丈夫ですよ。


次回の京都開催は6/16(日)となります。

お申し込みは、HPのフォームから予約できます。

料金は¥1,500(当日払い)。

iro-doku.com

 

午後の部は、また改めて。

 

では、また!