主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

いつかこの日々を思い出して、、。

<「考える」とは「なんで?」である>

 

おはようございます!ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

久々に娘(園児)について書きます。

 

朝食のときは、髪がスープなどに入らないよう、食べる前に自分で後ろで束ねるようにしているのですが、ここのところ忘れがちになっています。

 

昨日も、 忘れたままのボサボサ髪で「いただきます!」。

案の定、朝ごはんのおモチのきな粉が髪に付いてしまいます。

 

私が「どうしてきな粉が付いたのかな?」と聞くと、娘は「かみのけをくくるのを忘れちゃったの」と。

それに対し妻は、「もうすぐ小学生になるんだから、どうしたらいいか自分で考えてみなさい」と言います。確かにそうだ。

しかし朝はみんな忙しいので、とりあえずそれ以上追求せず会社へ。

 

そしてその晩、お風呂に入った時、「朝、どうして髪の毛をくくらなかったのかな?」と改めて聞いてみました。

 

そうすると、「忘れちゃってたの」と。

 

「じゃあ、なんで、忘れちゃってたのかな?」とさらに聞きます。

そうすると、「わかんないー。」という返事が。

 

うーん、と私はちょっと考え、会話を続けます。

 

私:「じゃあ、ママが考えてみなさいって、言ってたし、ちょっと考えてみようか。朝、いただきますの前、何してたかな?」

娘:「うーん、テレビみてた」

私:「じゃあ、なんで、髪の毛をくくるのを忘れてたのかな?」

娘:「うーん、テレビみてて忘れちゃったから?」

 

この辺は誘導尋問っぽいですが、さらに続けます。

 

私:「じゃあ、なんで、テレビを見てると忘れちゃうのかな?」

娘:「テレビがおもしろくて、みちゃうから」

私:「じゃあ、なんで、テレビは面白いのかな?」

娘:「そりゃー、テレビはおもしろくできているんだよ!(エッヘン)」

 

なんだ、その自信は!

でも、その名言、利用させてもらいます!

 

私:「いいところに気が付いたね。さすがやね。テレビは面白くできてて、ついつい見ちゃうんやんね。じゃあ、見なきゃいいんじゃないの?」

娘:「うーん、、(不満顔)」

私:「じゃあ、どうする?テレビを見ちゃっても忘れないようにってできる?」

問答は続きます。

 

最終的に、娘はこういう行動をとったのです。

f:id:chikuwamonaka:20200303215034p:plain

ナイスアイデアです。

 

朝、どうしてもテレビを見るから、リモコンを必ず触る。

そうすると、付せんが貼ってあって、気付くという仕組みです。

 

いつも一緒にお風呂に入れるわけではありませんが、今日はいい事があったなと思います。

娘にこれを言うことができたからです。

 

「ママが言ってた『考える』っていうのは、『なんで?』って思ってみるってことだよ。」

 

さあ、今日は毎日髪を束ねることができるでしょうか??

もうすぐ結果がわかります!

 

では、また!