主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

オンライン哲学カフェ第15回「カワイイ」①

<「かわいい」は「隙」?>

 

おはようございます!ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

この何だかよくわからない人生に問い続け、その「わからなさ」を日々味わって楽しんでいきたいです。

 

私が参加している「彩ふ読書会」において、参加メンバーで作るグループ活動として開催しています、「オンライン哲学カフェ」。

今回は第15回となります。

  

前回の第14回「ミノタウロスの皿」の模様はこちら。

 

chikuwamonaka.hatenablog.com

chikuwamonaka.hatenablog.com

 

◆今回も「Zoom」を使いました

今回も前回同様、「Zoom」を使用。

「Zoom」とはオンライン会議アプリで、「skype」をイメージしていただくと大体そんな感じで、とても使いやすいテレビ会議アプリです。

 

主催が会議を「○○日の●時~●時」とスケジュール設定すると、「会議ID」が発行され、参加者はPCのZoomホームページやスマホアプリから、その「会議ID」を入力するだけで、アカウントを作る必要も無く、簡単に参加できます。

音質もクリアでノイズやハウリングもほとんどなく、良いですよ。

 

◆この日のテーマは「カワイイ」

この日の参加者は13名。時間は2時間です。

 

オンラインにおいても、実際の哲学カフェのように、進行役を決め、1人ずつしゃべる方式にしています。

しかしながら一部の人しか画像を映していないため、挙手が見えないので、発言したい人は「ハイ○○です。」と言い、進行役が指名するという感じにしています。

(画面を見ていると誰がしゃべったか大体わかるんです)

 

今回の進行役は、私が務めさせていただきました。

 

この日のテーマも、メンバーの推薦により選ばれた

 「カワイイ」

です。 

 

◆「かわいい」とは?

一般的に「かわいい」というと、赤ちゃんや小動物などの、小さくて愛くるしいものを見た時に出てくる言葉です。

 

では、この感情は、いつ、どういう意味を持って登場するのでしょうか?

「守ってあげたくなる」「母親のような」という意見の後、

「自分より弱いものに対して起こる感情」というものがありました。

「自分より一段下に見ているもの」と言い換える意見もありました。

 

確かに、充分強いものに対して「かわいい」という感情はあまり起こりません。

どこか不完全で、弱い、そういった対象に起こる感情であるようです。

 

「隙がある」という言葉も出てきましたが、やはりこれも「不完全さ」と言うことが出来そうです。

 

人間は社会的な動物であるから、グループの中で弱い人を守ろうとする感情が起こる、それを「かわいい」という表現を使ったのかもしれませんね。

 

◆「かわいい」と「あざとい」

実際に、アイドルにおける「かわいい」について、意見がでてきます。

 

「ギャップ萌え」という言葉が出てきましたが、ステージの上での姿は「カッコイイ!」のですが、普段のおしゃべりがどこか抜けていたり、ドジな一面があったり、そんなギャップが「かわいい!」となるのだと。

 

やはりここでも「隙」というものがキーワードになるようです。

で、その「隙」は作ることが出来るのではないか、という話になります。

 

アイドルには、ある程度「作られたイメージ」というものが存在します。

不完全で、ドジなところ、「隙」を作っておくことで、「かわいい!」を誘い出すのですね。

 

で、作られたそれを表現するものが「あざとい」という言葉になります。

 

この「あざとい」については、少し議論になりました。

私にとって「あざとい」は、「庇護を得るために、わざと下手に出る、弱い態度を見せる」ような、どこかネガティブなイメージを持っていました。

 

が、メンバーの中には、むしろ「あざとい」は、ほめ言葉として使うこともあるというのです。

アイドルにおいて、そのような態度はもはや「技術」であるということなんですね。

「あざとさ」は「技術」だと。

だから、技術に対しては、「尊敬」をもって接するんですね。

 

少し戻って、「あざとい」はどうしてネガティブに思えるのか、という問いも発してみました。

そこには、「下手に出る」というキーワードがヒントになりそうです。

庇護を得るために下手に出ている人に対し、自分が抱く「あざとい」という感情。

そこには、自分はそのような態度はどれない(=プライドが許さない)のに、その人は出来ていることに、どこか嫉妬心のようなものを抱くのではないでしょうか。

今までの流れから、このような答えを出してみました。

 

◆まだまだ続きます。

「かわいい」から「あざとい」へ、面白い展開となりました。

この後は、「かわいい」の人によっての違いについて、盛り上がることになります。

お題を「カワイイ」というカタカナで書いた意味についても。

 

時間になりましたので、続きは日を改めて書いていきたいと思います。

 

では、また!

 

f:id:chikuwamonaka:20201019053720j:plain