主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

毎日ブログを書くということ④ 伸びないアクセス数に対する考察

こんばんは。ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

最近ブログを始めましたが、アクセス数が伸びず、絶賛もがいている40代男です。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

<「毎日ブログを書く」ということを決めてついに1か月が経ちました>

 

取っ散らかった文章で、公衆の面前で恥をさらす毎日は相変わらず続きます。

 

f:id:chikuwamonaka:20190411225213p:plain

2週間前の3月24日、

「1日あたり36件になりました!」という報告をしました。

 

あれから半月。

直近の2週間で1日あたり32件です。

伸びていません。

 

でも、伸びないことが面白いですよね。

なぜ伸びないのか?っていろいろ考えてしまいますよね。

 

自分の文章がまだまだだなとは、思いますね。

他の方のブログを読んでいて、自分の20倍面白いですから。

 

でも、自分は何も進歩していないのか?

この1か月を振り返ります。

・読書習慣を切らしていないこと。

・読書ノートを書き続けること。

・自分の考えを書き巡らせること。

・読書会、哲学カフェから得ていること。

・それ以外、新しい事への挑戦。

 

昨日の自分と比べて、今日の自分は進歩しているか、そうでないか。

という基準で考えたら、自信を持って「進歩している」と言えます!

 

アクセス数は、ひとつの基準でありますが、

そもそもの目的は、

「ブログを66日続けた先に何が生まれるか」という「習慣化」への挑戦であり、

未知なるものへの期待であります。

 

だから、続けます。

とりとめもない文章でも。恥ずかしい文章でも。

 

では、また!