「超予測力」 フィリップ・E・テトロック、ダン・ガードナー

超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条

 

未来を正確に予測することはできません。

「不確実性」といい、どれだけ頑張っても、限界はあるのです。

 

著者は、20年にもわたる「予測コンテスト」実験の結果、

少し先の未来を驚くほど高確率で予測できる「超予測力」を持つ人が、

一定数存在することを突き止め、

そのような人々の共通点を見出すことに成功しました。

 

筆者が一言で表現したその特徴、それは「積極的柔軟性」です。

言い換えると、「自分の考えに対し、常に批判的な姿勢を取り続けられること」。

 

では「批判的な姿勢」とは?

以下のように述べています。

・特定の視点に固執せず、多様な視点で検討できる。

・自分が下した判断を、いつでも更新する勇気を持っている。

・自分の判断は心理的バイアスに影響されていないか、一歩下がって検討できる。

・確実なものは何もないという謙虚さ。

・「あれか、これか」の二項対立ではなく、確率論で語れる

 

これは、「理系的」ともいえるのかな、と思います。

理系の方は、「自分の考えは、検証すべき一つの仮説にすぎない」ことを常に意識しています。

ある仮説を立てると、それに反論できるものはないか、と常に彼らは検討します。

 

では「ビジネスの現場」では、どうでしょうか。

ビジネスでは、とかくスピードが求められます。

多くの可能性を検討し時間をかけていては、チャンスを逃してしまいます。

また、リーダーは不確実でも「これで行こう!私を信じて!」というある意味決めつけというか、リスク込みの決断が必要です。

 

しかしそんなスピード全盛の時代だからこそ、「積極的柔軟性」を学ぶ必要があるように感じます。

「自分はスピードがないので」と、決断できる人の提案に盲従していないでしょうか。

後付けのようなデータを安易に信じ、商品を購入していないでしょうか。

自分の考えと反する意見を邪魔なものとして黙殺していないでしょうか。

意見の対立が面倒で、似たような価値観を持った人だけで平穏に過ごしていないでしょうか。

 

もちろん、熟考と直感のバランスは大切ですよ。

会社の同僚に、いちいちとことんまで突き詰める人がいたらうっとうしいと思いますし(笑)。

 

「批判的姿勢」は、「変化を恐れず、自らを改善し向上させる考え方」であることを忘れないように、日々を過ごしたいと思います!

 

 

彩ふ読書会 ~大阪堂島 課題本検討会

私ちくわは関西を中心に開催されている読書会、「彩ふ読書会」に、
昨年3月より参加、5月からはサポーターとして活動しています。

 

彩ふ読書会の目的は「本が好きな方の居場所作り」です。


「家庭でもない、職場でもない、第三の場所」をコンセプトに、色んな価値観を持った方々が集まり、意見を交換し合うこと、また空間を共有しあうことで新しく生まれる何かを楽しもう、という集まりです。


ジャンルは問いません、いい意味で、「何でもアリ」なので、男女問わず、また若い方から年配の方まで、気軽にアットホームな雰囲気で、リピーターさんも多数いらっしゃいます。

 

iro-doku.com

 

12月より京都サポーターとなった私ですが、今回の課題本が私の推薦本という事もあり、午後の部のみ参加させていただきました。

 

午後の部は「課題本読書会」です。
今回の課題図書は、佐々木典士「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」でした。

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

<内容紹介:Amazonより>
ミニマリスト宣言!!】
持ちモノを自分に必要な最小限にする「ミニマリスト」という生き方。
ぼくはモノを減らすことで何もかもが変わり、なぜか毎日「幸せ」を感じられるまでになってしまった。(中略)
終わりのないモノへの追求から一度思いっきり距離をとってみること。
これはもう一度「幸せ」について考え始めることに他ならない。

 

参加者は男性10名、女性6名、計16名(多分)。
今回は3テーブルに分かれました。
当テーブルは、進行役の私を含め5名でスタート。

 

この本は、価値観を問う内容です。
モノを片付けると気持ちいいっていうのは多くの人が感じます。

でもミニマリストは少々極端だし、賛否両論あって面白いかなと思っていましたが、

たった5人の中でも、モノを溜めてしまう(自称マキシマリスト!)方、きっちり処分している方、さまざまで非常に楽しい議論となりました。

 

出た話題は以下の通りです。


・コレクション欲が強く、勢いでついつい買ってしまい後悔する日々。
 →商売というものは、そこら辺をうまく衝いてきますよね

・「積ん読」、「積みゲー」が床に文字通り積みあがっている。
 →積みゲーって、いうんですね!

・著者ぐらいモノを無くすと、家ではすることが無くなって、外に出るだろう。
→良い意味で。なるほどー。

・持たなくても、図書館やネットカフェで読めるよね。
 →シェアリング。これからもっともっと進むでしょうね。

・旅行のスーツケースを見ると、その人の優先順位が分かって面白い。
 →面白い!考えた事なかったです。

・思い出は、捨てるのが難しい。でも、優先順位をつけて減らすことは出来るよね。
 →捨てるのも技術、本当にそう思います。

 

そしてこの日、最も私の心に刺さったワードがこれです。
「何でも減らせばいいというものではない。その人が好きなものをたくさん置いているのであれば、それはそれでいいと思う。」

→こういった議論に正解はありません。一見ありきたりな発言ですが、「価値観の違いを認め尊重する」という強力なメッセージを感じました。

 

最後に、私が感想を述べさせていただきました。

「モノが無秩序に溜まってしまうのは『~すべき』『~したほうがいい』という、価値の判断軸を他人に委ねてしまっているから。よーく考え、判断軸を自分に呼び戻せたとき、著者のように、本当に大切なものの選択が出来るようになるのかなと思います。」

 

実はこれ、12月の「天才はあきらめた」課題本読書会での、参加者さんの発言をお借りしました。

周囲の評価軸でしか行動できてなかった南キャン山ちゃんが、本当に楽しいと思える事をやっと見つけ、コンビで再び歩みだす、という最後部分の感想から出てきたものでした。

 

読書会と読書会もつながります。セレンディピティです。

 

そして、この読書会にきて、楽しかった、また来てみたい、また違う本も読んでみたい、と思っていただく方が一人でも増えること、それが今の私の喜びであり野望です。
そして私も「もっとうまくできたのに、、。」などと日々反省して成長していきたいです!

 

 

哲学カフェに参加しました ~あまがさき哲学カフェ 園田哲学bar

 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

「哲学カフェ」というものに興味があって、

ネットで見つけた「あまがさき哲学カフェ」が主催する、

「園田哲学bar」に参加してきました。

 

以心伝心心~あまがさき哲学カフェ~

 

日時:1月4日(金) 19:00~21:00

場所:園田地区会館

参加者:13名 (うち進行役1名)

 

「予約不要」でしたので、仕事帰りに寄ってみました。

 

「哲学カフェ」自体初めてで不安だったのですが入ってみると、

ごく普通の市民ホールの1部屋(20人ぐらいは集まれる)で、

これまたよくある茶色の長机が、四角に並べられていて、

椅子が10脚ほど置かれていました。

大袋のお菓子もありました。

 

10分ほど前に到着すると、進行役の方と、先に来られていた方が2名。

19時になり、8名でスタート。

それからも、仕事帰りの方など、ちらほら入室され、最終13名に。

年齢層は40~50代が多かったかなと思います。

もっと若い方、年配の方もいらっしゃいました。女性は1名でした。

持ち寄りbar(アルコール可)ということで、缶チューハイなどを

持ってこられている方(進行役も!)が多かったです。

のんびりとした雰囲気でしたね。

 

まず、進行役が2つの決めごとについて説明します。

①ここは、自分の主張を通す場ではありません。

 →考えを相手に分かるように伝える努力は必要ですが、

  他人を説得する必要はありません。

②他人の意見をしっかり聞きましょう。

 →他の人が発言しているときは、黙って聞き、

  発言したいときは挙手をしましょう。

 

本日のお題は「嫉妬」。

これはあらかじめ決められていて、ここでは会の最後に次回のテーマを

決めているようです。

 

口火を切ったのは、「嫉妬は平等の現代にこそ多くなっているのでは」という発言。

ここから、

「雲の上のような人に嫉妬はしない」

「嫉妬は本能的なもの?」

「嫉妬はあらかじめ勝負する相手を選んでいる」

 

などなど、順番は前後しますが、こんな広がりとなり、

「嫉妬は自分の興味のジャンルで、自分が手の届く範囲にあるものを『得たい』ときに起こるもの」

というヒントが出てきました。

 

もう一つ起点となった

「嫉妬は三角関係のように3人が絡む場合と、2人の場合がある」という発言からは、

「何か得たいものがあって、それを誰かと取り合う時嫉妬が起こる」

「嫉妬心は競う相手の足を引っ張ってやろうと思ってしまう、

 そうすることは自分の得たいものには近づかない、マイナス行為でしかないのに」

 

ここからの流れでは、

「嫉妬の源泉は、満たされない『所有欲』と『承認欲求』」

というキーワードがでてきました。

 

2つの段落に分けましたが、これらは整然とした議論ではなく、

バラバラに出てきます(ほんとうに!)。

進行役の板書が手掛かりになり、逸れても戻って来られるようになっています。

すごいです!

 

ほかにも、

「嫉妬はだれにでもふっと起こる感情で、それを理性でうまく抑えながら日々生きている」

「嫉妬の反対語は無関心」

「嫉妬は執着心だから、断捨離すれば嫉妬もなくなるのでは」

「嫉妬は悪いイメージだが、自分を高めようとする原動力にもなりえる」

「自分より下だと思っていた人に追い抜かれると、強烈な嫉妬になる」

 

などなど、書ききれないですが、面白い意見が次々に出てきました。

特に、言いたいことに、自分の経験談や分かり易い例え話が、

うまく乗っかると面白い発言になりやすいかな、と思いました。

 

途中休憩はさみましたが、あっという間の2時間でした。

私も、5~6回発言しましたよ。

 

最後に、哲学カフェに参加して、印象に残ったこと

・自己紹介はしない、名前すらも名乗らない。集まって純粋に語り合う場。

・哲学の知識は本当に不要。

・話が難しくなる時もあるが、進行役がうまく解きほぐしてくれる。

・よく発言される方、ほとんど聞いているだけの方、参加の形もさまざま。

・自分の発言をみんなに聞いてもらうことは気持ちがいい。

 

楽しかったです、また参加したいです!

 

 

彩ふ読書会 ~サークル活動 (謎解き部)

彩ふ読書会の目的は「本が好きな方の居場所作り」です。

「家庭でもない、職場でもない、第三の場所」をコンセプトに、色んな価値観を持った方々が集まり、意見を交換し合うこと、また空間を共有しあうことで新しく生まれる何かを楽しもう、という読書会です。(HPより)

 

iro-doku.com

 

私ちくわは関西を中心に開催されている読書会、「彩ふ読書会」に、

今年3月よりサポーターとして参加しています。

 

彩ふ読書会には、「派生ブカツ」というものがあり(詳しくは上記HP参照)、

その中の「謎解き部」が主催したイベントに参加してきました。

 

「リアル脱出ゲーム『記憶を失くした雪だるま』」

 

知る人ぞ知る、「リアル脱出ゲーム」です。今回は街歩き型です。

梅田茶屋町を舞台に、街に散りばめられた、謎を解いて回ります。

 

12/23(日)、イベントに集まったのは、9名(男性4名、女性5名)。

競争にしたほうが面白いかな、ということで、3名×3チームに分かれてスタート。

 

まずはキットを買います(アズナスで1,200円)。

 

f:id:chikuwamonaka:20181225122126j:plain

あとはパンフレットに書かれている、場所に行って、問題を解いていきます。

 

 

f:id:chikuwamonaka:20181225122429j:plain

 MBSです。

 

f:id:chikuwamonaka:20181225122451j:plain

こんなところにも。

 

f:id:chikuwamonaka:20181225122519j:plain

こんなところにも!

 

f:id:chikuwamonaka:20181225122551j:plain

ロフトの売り場です!

 

2時間ぐらい歩き回り、1番のグループがゴール!

 

その時点で、皆おなかがすいてきたので、ランチへ。

 

終わっていない2チームも、最終問題までは行っていたので、

食事をしながら、解きました。

 

ランチ後、最後の場所に戻って、全チーム無事ゴール!

 

その後、飲み会行きたいメンバーが残って、時間があったので、

宝塚ファンでもあるリーダーに引率されるがままに、「キャトルレーヴ」に。

 

全く宝塚に造詣がありませんので、こちらのコメントを残すことはできません!

www.tca-pictures.net

 

さらに、ルクア大阪の蔦屋書店に。

ここで、1/20京都で行われる彩ふ読書会「装丁グランプリ(詳しくはHPにて)」のネタ探しをします。

 

日が暮れてきたので、東通りの焼き鳥屋へ。

最後まで残った6人で飲みました~。

 

楽しい一日でした!

 

 

 

彩ふ読書会 ~京都北山 課題本検討会

それでは午後の部のレポートです。

午後の部は「課題本読書会」です。

 

今回の課題図書は、山里亮太「天才はあきらめた」。

天才はあきらめた (朝日文庫)
 

内容紹介(amazonより)

「自分は天才にはなれない」。そう悟った日から、地獄のような努力がはじまった。

嫉妬の化け物・南海キャンディーズ山里は、どんなに悔しいことがあっても、それをガソリンにして今日も爆走する。
コンビ不仲という暗黒時代を乗り越え再挑戦したM-1グランプリ。そして単独ライブ。
その舞台でようやく見つけた景色とは――

《解説・オードリー若林正恭

 

参加者は16名。男性8名、女性8名。

2テーブルに分かれ、行われました。

 

今回は、南海キャンディーズ山ちゃんが主人公ということで、イジりやすく、皆さん遠慮なくこき下ろしておられました。もう一つのテーブルでは「クズ」発言も!

(山ちゃんすみません、でもクズエピソードだから、仕方ない。)

 

本日も、テーブル進行を私ちくわが務めさせていただきました。

 

4~5回目になりますが、課題本検討会の進行は、今でも難しいと思っています。

自分が仕切ろうという思いが強すぎると、司会(私)→お客様(複数人)というふうになってしまいます。そうすると一問一答、授業のようになってしまうんです。

 

そこで、今回は「哲学カフェのつくりかた」から知恵をお借りし、助っ人を用意しました!

 

f:id:chikuwamonaka:20181220102351j:plain

 

カワイイこのうさちゃんは「もち子」と言います。今回は「もち子」に進行サポートしてもらいました。

これは哲学カフェで用いられている「コミュニティボール」というものです。

(ウサギのぬいぐるみにしたのは個人的趣味です、でもさわり心地が良く、皆さん持ちたがってくれました)

 

簡単なルールを設定しました。

・「もち子」を持っている人だけが発言でき、他の人はその人の話を最後までよく聴く。

・発言者は次に挙手した人に「もち子」を手渡す。

 

<良かったこと>

・私も参加者として「聴くこと」「質問すること」に集中できた(仕切らない進行)。

・進行役に気を遣うことなく、発言できる(自由度アップ)。

・メンバー同士で話題を膨らませてくれる(より共同作業っぽくなる)。

 

しかしながら、発言量のバランスはどうだっただろうか、私の気遣いが足りなかったのでは、などなど、反省点もあったように思います。

 

いつも実験的企画に前向きに乗って下さる、主宰者のーさんに「これって正解はないですからね~」という何気なくもありがたい一言をいただき、感謝しています。

 

私が担当したテーブルは、男性4名、女性4名の計8名。

 

お笑い好きが2名いらっしゃり、テーブルの隅から隅へ「もち子」が飛び交い、小ネタの在庫放出会が開催され、テーブルが笑いに包まれました。盛り上げていただきありがとうございました!

 

肝心の会話内容は、以下の通りです。

・「努力の人」。サボり行動をうまく回避する技術とメンタルをもっています。

 →おおむねこの印象は皆さんお持ちでした。学ぶところが多かったです。

 

・「共感できない点も多い」。他人(おもに相方)に価値観を押し付ける言動。

 →クズエピソードです。しかし、これを正直にさらけ出しているから、憎めないのだ、という意見にも納得でした。

→そして、自分に思い当たるふしがあり、心に刺さってくるのです。

 

・「評価軸が『自分』ではなくて常に『他人』にあるから、不安が拭えない」

 →なるほどなあ、と思いました。だから、他人にも頑張ることを強制してしまうのです。いつまでたっても失うのが怖いんです。

→「自分がこれでいいんだ」と、やっと最後に思えたのは良かったです。

 

・「劣等感をプラスに転じる」。人見知りを武器にする。

 →「人見知り」にも、「観察力に優れる」「繊細」「他人がどう思うかを先読み

  できる」などの強みがあり、それを役立てることを考えればいいのです。

 

・「あまり戦略的すぎるのもちょっと嫌」

 →この本自体、イメージ戦略では?と疑いだしたらきりがありません(笑)。

 →戦略的になりすぎたためにM-1後きっちり壁にぶち当たっています。そしてそれを成長につなげることが出来ました。だからそれも一つの生き方ではないのか。

 

このように、皆で意見をすり合わせることによって、自分の意見が「育って」いきます。

課題本読書会の醍醐味は、これが一番ではないかと思っています!

 

また、いつも思うのですが、一生懸命聴き、頑張って話す、これを一時間やると、ほんとうに疲れるのです。頭を使った証拠ということで、勲章と思っています。

 

本当に、参加者の方から、いつも教えていただくことばかりで、感謝しかありません。

 

レポートは以上です!

 

 

 

彩ふ読書会 ~京都北山 推し本発表会

私ちくわは関西を中心に開催されている読書会、「彩ふ読書会」に、

今年3月よりサポーターとして参加しています。

 

人気に応え12月より開催が2場開催となり、新しく始まった「京都会場」で、16日が記念すべき第1回となりました(パチパチパチ)。

 

彩ふ読書会の目的は「本が好きな方の居場所作り」です。

「家庭でもない、職場でもない、第三の場所」をコンセプトに、色んな価値観を持った方々が集まり、意見を交換し合うこと、また空間を共有しあうことで新しく生まれる何かを楽しもう、という読書会です。(HPより)

 

iro-doku.com

 

ジャンルは問いません、いい意味で、「何でもアリ」なので、男女問わず、また若い方から年配の方まで、気軽にアットホームな雰囲気で、リピーターさんも多数いらっしゃいます。

 

読書会は午前午後の二部制になっています。

午前は「推し本発表会」、午後は「課題図書検討会」となっています。

 

まずは、今回の会場です。

主宰者「のーさん」は本当に素敵な会場を見つけてくださる!

京都北山の「SAKURA CAFÉ」さんです。

日曜はカフェ営業お休みで、レンタルスペースとしてまるごと貸し切りです!

朝からテンション上がってしまいました!

 

f:id:chikuwamonaka:20181220001450j:plain

 

f:id:chikuwamonaka:20181220001626j:plain

 

それではレポートです。

午前の参加者は18名。男性9名、女性9名。

3テーブルに分かれてそれぞれオススメの本を持ち寄り紹介しました。

私が参加したテーブルでは5名で、写真のような本が紹介されました。

 

f:id:chikuwamonaka:20181220001948j:plain

 

①「愛についての感じ」 海猫沢めろん

恋愛についての短編集なのですが、文章がところどころぶっ飛んでいます。文章になってないのもあります!不器用な恋愛の描写がすごくいい、とのこと。これは、とりあえず読んでみないと解らないかな、と思いました!

 

②「孫子

言わずと知れた「孫子の兵法」のヤツです。古代中国の兵法ながら、マネジメント、ビジネス戦術にそのまま使えます!「兵法」ながら、最も優れている戦術が「戦わずに勝つ」ことで、これには目から鱗が落ちるというものです!私もビジネス上、「『戦う』前に『戦わなくていい根回し』をしておく」ことを非常に好むので、とてもよく理解できました!

 

③「高慢と偏見」 ジェーン・オースティン

初参加の女性の方からの推し本です。彼女は「翻訳読書会」に参加されたこともある、なかなかの強者です。そんな彼女の推し本は、私は知らなかったですが有名な本だそうです。タイトルから堅そうな雰囲気ですが、イギリス版「渡る世間」のような、人間関係行き違い系ゴタゴタホームドラマとして、楽しめるそうです。

 

④「労働貴族」 高杉良

とてもタイムリーな「日産自動車」の本を紹介してくださいました。といっても、ゴーン氏ではなく、30年も前に「天皇」と呼ばれていた男の話。彼は労働組合の代表でありながら、その地位を私的に悪用し、社益を削いでいく、暗黒の時代があったという。しがらみのないゴーン氏がやってきて改革され、良かったなあと思っていたら、今回の事件が起こって、日産の将来をとても心配されていました。

 

⑤「哲学カフェのつくりかた」 カフェフィロ 編

私ちくわの紹介本です。この本を手に取るまで、「哲学カフェ」は聞いたこともなかったのですが、読書会のルーツようなものではないか、と思いました!身近だけれど答えのないことについて、老若男女問わず語り合い、みんなの意見をよく聴き、自分も一生けんめい考えしゃべる。「哲学対話」とても楽しそう!自分もやりたい!と思い、この本を紹介させていただきました。自分なりの構想(妄想)も、この日の会話の中で生まれつつあります!

 

他2テーブルの紹介写真はこちら。

 

f:id:chikuwamonaka:20181220002010j:plain

 

 

f:id:chikuwamonaka:20181220002020j:plain


好きなジャンルもさまざまな18名が交流し、終了後の雑談もおおいに盛り上がり、

京都1回目にふさわしく、何か新たな時代が始まる予感がしました!!

午後のレポートはまた改めて。

 

「認められたい」の正体 ~承認不安の時代 山竹伸二

「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)

 

「スクール・カースト」、「ブラック企業」、「カルト宗教」が意味するもの。

 

そこではグループの信頼・承認を維持するために、自分の本音を抑え、仲間うちで成立するルール・価値観を優先してしまいます。

自分のグループ内で承認されるか否かが判断基準となり、それ以外の人々の判断は考慮しようとしません。

 

このような危険な現象の背景とは。

現代において、承認欲求の構造が変化したのでしょうか。

 

筆者は以下のように論じています。

「社会共通の価値観(古来の道徳観、宗教観、国家への忠誠といったもの)が薄らぎ、自らの価値判断に不安を覚え、ゆえに身近な仲間の承認を切望するのではないか。」

 

つまり、「周りがどう言おうと、自分が正しいと思うからこれでいいのだ」といった自信を持てる価値観が、なくなってきている、ということです。

 

経済成長は止まりました。一生懸命働いても、報われない事も多いです。

一方で、世の中は変化のスピードが速すぎて、自分は何をすべきか、誰もはっきり教えてくれません。

 

皆、迷っています。

そして、不安の中で、身近な人からの承認を頼りにソロソロと歩いているのです。

これが現代です。

 

この本では、人間の承認を3段階に分類しています。

①親和的承認

家族などの「ありのままを受け入れる」もの。

②集団的承認

 自分の属するグループ内で、価値ある行為により強まる。

③一般的承認

 「困っている人を助ける」など、広く社会に認められている価値観に則った行為により強まる。

 

人間の成長により①→②→③ と強まっていくことが自然であり理想です。

しかしながら、それだけでなく「それぞれが補完関係」にあることが重要です。

 

例えば、②である学校や会社で認められなくても、①の家族に戻ると、承認が満たされ助けられます。

 

また、②のグループ内で間違った行動がとられていると感じた時は、③の社会的規範に則り、「自分だけは正しいことをするのだ」という気持ちで取り組むこともできます。

 

こういった補完関係を常に意識することが、「承認不安」の出口なのではないでしょうか。

 

「承認欲求」と「自由」は常に葛藤しています。トレードオフです。

「承認不安」は「~しなければならない」「~すべきだ」という、自分ルールを作ってしまいます。

冒頭のブラックなグループから抜け出せないのも、そんな理由からではないでしょうか。

 

「自分ルール」に縛られてしまいがちな世の中で、「一歩下がって考えられる」人、「自分の中に中立的なものの見方を持った」人は、強いと思います。

 

そのためには、違った視点で見てくれる仲間の存在と、併せて内面の多様性の育成が、大切なのではないかと気づきました。

 

私が読書を続けること、それは「空虚な承認ゲーム」に振り回されない自分を育てることでもありますね。