「消滅世界」 村田沙耶香 (※ネタバレ有り)

消滅世界

 

近未来の日本。

 

・夫婦間ではセックスしない。むしろ、セックスする人は、ほとんどいない。

・なぜなら、する必要がないから。

・子供は、欲しいと思ったカップルが、欲しいと思った時に精子バンクを使い人工授精する。

・男も人工の育児袋を使って妊娠することができる。

・男同士のカップルでも子供をもうけることができる。

・独りでも。

・家族というのは、気の合う者同士が一緒に住んでいる程度。

・恋愛は男女でなくてもいい。それどころか、バーチャルのキャラクターでもいい。

 

もうすでに、訳がわからなくなってきたと思います。

これがこの物語の舞台です。

 

主人公「雨音」の両親は、セックスをして娘を産みました。

しかし娘はそれが信じられません。なぜなら、夫婦間でセックスをすることは、近親相姦だからです。

 

しかし母親にそれが正常だと言われ育てられてきた雨音は、周囲の友達がそうでないのを知り、何が正しいのかわからない、暗中模索の青春時代を送ることになります。

 

付き合った彼氏ともいつもしっくりきません。セックスを試みるも、相手も何故それをするのか理解できずに雨音のもとを離れていくからです。

 

しかしそんな雨音もやがて一人の男性と結婚しました。

ほどなくして、千葉で大掛かりな社会実験が行われることになります。

それは、全市民がひとつの家族として共同生活をおこない、子供はみんなの共有財産で、すべての大人が親となり、かわりばんこに子供を作っていくという実験都市計画です。

 

雨音は当然、「そんなの絶対うまくいかない」と冷ややかな見方をしていました。

しかし友人がそこに移住したと聞き、雨音夫妻は興味本位で様子を見に訪れることになりました。

すると、、、これ以上は恐ろしくて書けません!

 

村田紗耶香さんの作品は、「常識」「正常」「価値観」というものを強烈に揺さぶってきます。破壊してきます。

 

しかしながら、何故か、全くのSFと割り切れないのです。

こんな時代がもうすぐ来そうな気もしてしまいます。

 

何故でしょう。

 

一つは、よく言われる「価値観の多様化」です。

マイノリティの立場にいた人々や、少数派の考え方が、徐々に認められるようになってきている、ということです。

結婚、子供、家族、生活、男女のふるまい、などにおいて様々な形態があっていい世の中になりつつあります。

 

そしてもう一つは、「価値の根幹をなすものが希薄になりつつある」ということかと思います。

・家族のために一生懸命働く。

・辛くても我慢して働いたら、やがてもっと稼げるようになる。

・男子に生まれた以上は、国家の発展のために身を捧げるのが当然。

・正直に生きてさえいれば、必ず最終的に報われる。

などなどの、「生きる目的」というのでしょうか、「大いなる価値観」が、必ずしもそうでもなくなってきています。そして社会はそれを教えてくれないのです。

自由であると同時に、とても不安な時代になってしまいました。

 

筆者の、持ち前のひねくれ根性で、そういった「価値への問いかけ」を振り切らんばかりに発展させ、この物語が出来たのではないでしょうか。

 

もっと読んでみたい作家さんです。

彩ふ読書会 ~大阪堂島 課題本検討会

彩ふ読書会の目的は「本が好きな方の居場所作り」です。

「家庭でもない、職場でもない、第三の場所」をコンセプトに、色んな価値観を持った方々が集まり、意見を交換し合うこと、また空間を共有しあうことで新しく生まれる何かを楽しもう、という集まりです。(HPより)

iro-doku.com

 

それでは午後の部のレポートです。

午後の部は「課題本検討会」です。

 

今回の課題図書は、西野亮廣「革命のファンファーレ」でした。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

元漫才師キングコング西野亮廣氏が、絵本作家となり、クラウドファンディングを活用したり、個展を開いたり、これからの時代の生き方のヒントを多く与えてくれる本となっています。

 

参加者は12名。年齢層は20代~40代ぐらい、男性8名、女性4名と今回は男性が多めとなりました。

 

私ちくわが推薦して実現いただいた、彩ふ読書会初のビジネス書の検討会となりました。

ということもあり、今回初参加の方も多数いらっしゃり、いつもとガラッと違う顔ぶれとなりました。

言いだしっぺの私ちくわが、進行役を引き受けまして、非常にワクワク、不安でドキドキの幕開けとなりました。

しかしながら、今回著者が有名人で元漫才師、とっつきやすい文章、目を惹くメッセージが多いという事で、皆さんご自分の意見を遠慮なく表明されていました。

(雰囲気はとても和気あいあいですよ)

20歳そこそこの若い方もしっかり考えられていて、凄いなと思います(いつも)。

 

メモできた主な意見を紹介します。

 

   時代を読む力があり、それと好きな事を「掛け算」して、自分の世界を開拓している。新しいネットメディアの活用が勉強になる。

   お金について、勉強になった。「無料」のしくみとか、学べてよかった。

   「信用」=「お金」というのがキーワード。これからは信用の積み重ねがより大切になる。

   色んな事にチャレンジし、軽やかに方向転換ができるところが、なかなかできない。

   どんな仕事もいずれは消えていく、そこに居続けられる保証なんてない。彼らは挑戦を続けている、自分自身に問いかけるきっかけとなった。

   「考えれば答えは出る」と思い、行動が遅くなるというのは良くない、とりあえずやってみることだ。

   こうやってできる人はいいが、出来ない人はできない。力のあるものがどんどんさらに力をつけ、どんどん格差が広がっていく危険性があると思う。

   売れるための仕掛けをどんどん仕込んでいける人。

   アンチもたくさんいるが、そのアンチすらも活用して自分の有利なように持っていっている。

   計算と下心って、見えてしまうと、受け止める立場として一歩引いてしまうけど、彼にある種のひたむきさを感じるので、そこまでいやらしくない。

 

「読書会初参加なのに、課題本がふだん読まないビジネス書で戸惑っています」という女性参加者の方がいらっしゃり、緊張されていましたが、彼女なりの言葉でしっかり発言されていて、それがまた角度の違うところから入ってきていい刺激になりました。

 

「今までビジネス書を読んでいなかったが、この機会に読むことが出来て、良かった、挑戦しようという気持ちが芽生えた。」と言っていただいた参加者の方もいて、この本をやって良かったな、と嬉しくなりました。

 

そして、本当に、いつも参加者の方から、教えていただくことばかりで、感謝しかありません。

 

レポートは以上です!

彩ふ読書会 ~大阪堂島 推し本発表会

私ちくわは大阪を中心に開催している「彩ふ読書会」にサポーターとして参加しています。本日11/3は定例会でしたので、レポートさせていただきます。

 

彩ふ読書会の目的は「本が好きな方の居場所作り」です。

「家庭でもない、職場でもない、第三の場所」をコンセプトに、色んな価値観を持った方々が集まり、意見を交換し合うこと、また空間を共有しあうことで新しく生まれる何かを楽しもう、という集まりです。(HPより)

iro-doku.com

ジャンルも問わない、いい意味で、「何でもアリ」な雰囲気が私もすごく好きで、リピーターさんもたくさんいらっしゃいます。

 

読書会は午前午後の二部制になっています。午前は「推し本発表会」、午後は「課題図書検討会」となっています。

 

それではレポートです。

午前の参加者は21人。

3テーブルに分かれてそれぞれオススメの本を持ち寄り紹介しました。

私が参加したテーブルでは8名で、写真のような本が紹介されました。

 

 

f:id:chikuwamonaka:20181103231330j:plain

 

中村文則 「掏摸(スリ)」

芥川賞受賞作家、中村文則の、天才スリ師が主人公の作品。

文学作品なのにエンターテイメント色があり、楽しく読み進められる。

スリの描写があまりにも仔細で、臨場感がすごい。

人間的弱さや人の運命についての描写が、文学的で面白い、ということです。

 

朝倉かすみ「肝焼ける」

女子のちょっと間抜けなところ、滑稽なところが、妙にリアルでモヤモヤしてしまう短編集。

「肝焼ける」は、方言で「イライラする」ということらしいです。

 

赤瀬川原平新解さんの謎

著者は「前衛美術家」で、何気ないことに面白さを見出してエッセイにしたもの。

新明解国語辞典」というのは、「攻める辞書」として有名らしく、面白い用例を例示しているのですが、これがテーブルの大爆笑を誘いました。私は新明解のことは知りませんでしたが、気になる本です。

 

ドリヤス工場「有名すぎる文学をだいたい10ページの漫画で読む。」

人間失格」や「舞姫」など誰もが知っている名作を、たった10ページでしかも漫画でまとめている本。しかもなかなかうまくまとめられている。また著者のプロフィールも載っていて、勉強になる。しかも「定番すぎる・・・」と「必修過ぎる・・・」の3巻既にでているそうです。

 

近藤史恵 「カナリヤは眠れない」

色々な依存症に苦しんでいる女性を、整体師の先生が一緒になって解決していく、短編集。現代病理を表現されていて面白そう。

 

成田名瑠子「東京すみっこごはん」 

食べ物系短編集。誰かと食べるごはん、誰かのために作るごはん。食べることは生きること、それを人に与えられること、分かち合う事のすばらしさを再確認できる、愛があふれるお話ということで、なんか聞いているだけで家族を思い出し、ジーンときます。

 

山田ズーニー「おとなの進路教室」

著者は元進研ゼミ、小論文の先生。

自分が何を大切にしたいのか、軸を持つことの大切さ。

進路について悩んだ時、仕事にくじけた時、この本を読むと助けられる本とのことです。これも読んでみたい!

 

飲茶「史上最強の哲学入門」 

私ちくわが紹介した本です。

31人の大哲学者の難しい理論を、どんな初心者でも理解できるように、ハイテンションな語り口かつ図解付きでまとめられています。一番凄いのは、ここまで分かり易く編集できる飲茶氏の知識量と文章力です。

 

以上、8冊の推し本の紹介でした。

今回は、バラエティに富んでいて、どれも読みたい!と思いました。

 

他2テーブルの本はこんな感じです!どれも面白そうです。

f:id:chikuwamonaka:20181103231526j:plain

f:id:chikuwamonaka:20181103231753j:plain

午後のレポートは、改めて書きます!

 

 

人を助けるとはどういうことか エドガー・H・シャイン

人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則

 

「人助け(支援)」は、強い思いにも関わらず、しばしば上手くいかないことがあります。

どうしてなのでしょうか。

この本は、そんな「支援」を科学した、珍しくもためになる本です。

 

この本では、「人を助ける(支援)」とは、有償・無償に関わらず「支援する者(支援者)」と「支援される者(クライアント)」があれば、あらゆる行為は「支援」と呼べると言います。

 

代表的なものでは「医者」と「患者」。「コールセンター」と「ユーザー」。「セールスマン」と「お客さん」。「先生」と「生徒」。「上司」と「部下」。「ボランティア」と「困っている人」。

 

なぜ、支援が上手くいかないことがあるのでしょうか。では、どうやったら、うまくいくのでしょうか。

 

1つ目のキーワードが「地位の差を埋める」ことです。

「地位の差」が邪魔になるなんて、考えたこともありませんでしたね。

でも考えてみると、そうかもしれません。

たとえば医者と患者。お医者さんが高圧的に「私のいう事を聞きなさい、でないと死にますよ」というのも、まあ、ある話ですが、少し患者さんのほうに下りてきて、「こういう治療は、こうなって、別の治療は、こうなるかもしれません、どちらを選びますか?」と自分に選択を委ねられると、自分のことを尊重してくれている、と信頼するかもしれませんね。

また、家のお手伝いさんであれば、何の評価もなく淡々と家事させられているより、依頼者に「今度のホームパーティー、こんな人が来るんだけど、どんな料理がいいかな?」とか、「家のレイアウト変えたいと思うけど、いい案ないかな?」とか、「地位を上げる」発言を受けると、頑張ってやろう、というモチベーションが湧くのではないでしょうか。

 

2つ目のキーワードが、「プロセス・コンサルタント」です。

簡単に言うと、「支援者が解決してあげる」のではなく、「クライアントが自分で解決するように手助けをする」ことです。

例えば、「先生と生徒」では、「先生」は、「生徒」に「自分で解き方を見つける力」を身に付けさせることが、「解き方を教える」ことよりも、遥かに重要であるのは、当然のことです。社会人なら、なおさら「困難を自分で解決していく経験を積む」ことが成長の近道です。そのための上司の支援方法は、「解決策を示す」ことではなく、「ヒントを与え、行動を導く」ことです。

 

そして、3つ目のキーワードが「控えめな質問」です。支援者はクライアントに対等な立場で質問を続けます。

「もう少し詳しく教えてください」「それで、どう思いますか?」「何故、あなたはそう思いましたか?」「それについて、あなたはどう思いましたか?」

問いかけを続けることで、問題の「ボトルネック」に、本人がたどり着くのです。

あくまで主導権はクライアントに取らせ続けます。

クライアントの立場なら、自分で解決し、また今後自立するために、どのような支援を求めるか、を考えることによって、求める支援は180度違ってくると思います。

 

「効果的な支援関係」に必要なものは、「自分の役割を、状況を見極めて見出すことができるか」。そして「対話し、コミュニケーションを尽くす」こと。

 

あらゆる人間関係にあてはまる、結論に至りましたね。

 

なぜ、この人と話をすると楽になるのか 吉田尚記

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

 

「コミュニケーションというのは、実はコミュニケーションが成立すること自体が目的であって、伝達される情報は二の次である」

 

コミュニケーションの本はたくさんあります。

しかし、清々しいまでに振り切ったこの論調は、なかなかありません。

 

つまり、コミュニケーションというものは、話が続いていくことが目的で、話に詰まって沈黙が訪れ、気まずくなったら、「負け」という一種のゲームである、というのです。

 

ちょうど、こう言われて、ビルの屋上で昼休み、サラリーマンとOLが輪になって、バレーボールをトスしながら回し合いをするのを、思い浮かべてしまいました。思いっきり昭和なイメージですみません。

 

しかし、当たらずとも遠からずの、イメージだと思います。

このゲームのルールは「飛んできたボールをうまく拾い、相手にうまくパスを送る」こと、それしかありません。

 

「ボールをうまく拾う」ためには、相手の言っていることをよく聞いていなければなりません。そして、「いいパスを出す」ためには、次に相手に話してほしい事、つまり「いい質問」を考えないといけません。

 

普段の私。それは、「自分のことを話したがる私」「相手の話を自分の話題のフィールドにもっていきたくなる私」「相手の発言を否定し、自分の意見を主張したくなる私」が頻繁に出現します。恥ずかしい話ですが、自己顕示欲を満たしたいのです。

 

しかしながら、このゲーム的発想に立ってみると、自己顕示欲を満たす暇がなくなります。そうです、それがいいのです。自分以外のところでうまくボールが回っていたら満足すればいいのです。

 

筆者の言葉を借りると、「コミュニケーションというこのゲームの参加者はすべて味方です。」「そして敵は『気まずさ』なのです。」

なるほどなるほど!

 

そして、筆者は「エレベーターの中でのコミュニケーションができたら一人前」と言います。エレベーターで偶然乗り合わせた人、ゲームは突然始まります。しかも制限時間20秒とか。しかもしかも、相手は普段そんなに話しをしない人かもしれないのです!

 

ちょっとシミュレーションしてみます!

「今朝は寒かったですね。」「ほんとですね」「厚めのコートですね、今年初めて出したのですか?」(無難なところから入るパターン)

「そういえば週末はゴルフじゃなかったのですか?」「そうなんです」「良く焼けましたね、頻繁になさるのですか?」(ちょっと相手の事を知っているパターン)

 

できるだけ、「相手に関心を持っておくこと」が、コミュニケーションの基本だと、改めて感じた次第です!

生物と無生物のあいだ 福岡伸一

 

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

 

動的平衡」。

 

福岡センセイといえば動的平衡です。

簡単に言うと、何かがあって、そこに「入ってくるものの量」と、そこから「出ていくものの量」が同じで、しばらく経てば中身はそっくり入れ替わっているとしても、見かけ上は変わっていないように見え続けている、という現象です。

 

例えば海岸の砂山。放っておくと、海風に削られてやがては無くなってしまいます。しかし、山側から砂が降ってくるのであれば、山は無くなることはない。ということです。しかし山の場所は移動するし、山を形成している砂も以前のものとは違うものになります。

 

自然界には、秩序だっている物は、放っておくと、拡散するという法則(エントロピー増大の法則)があります。空き家を手入れせずに放っておくと、荒れてしまって、やがては崩壊するようなものです。

 

福岡センセイは、生命活動とは「動的平衡にある状態」と定義しました。

 

つまり人間も、自然現象に必死に抗いながら、命ある時間を過ごしています。

そして、その途中で、様々な取り返しがつかないエラーが起こり、やがて拡散法則に抗いきれなくなって、最終的には死ぬという事です。

自分の存在というものは、非常に危うい均衡のもとに保たれていると思うと、命を大切にしなきゃと、改めて思います。

 

人間も分子レベルで見れば、半年もするとほとんどの分子が入れ替わってしまっているそうです。半年ぶりに友人に、「あれ、なんか変わったな、別人のようだ」ということがありますが、その言葉通り、中身はすっかり入れ替わってしまっているのです。そう考えると面白いですよね。

 

「生命とは何か」というと、すごく哲学的な話になってしまいます。

ヘラクレイトスは紀元前500年ごろ、「万物は流転する」と言いました。あらゆるものは変化する途中だ、ということです。それを受け、デモクリトスは、「全てのものは原子の組み合わせで出来ているのではないか」と予言しました。

 

2000年以上経て、化学も発達し、それが正しい事がわかりました。逆に言うと、観察機器も何もない古代に、哲学だけで「存在の問題」を解決してしまった彼らは本当に何者なんだ、と思いますよね。

 

 

今日が人生最後の日だと思って生きなさい 小澤竹俊

今日が人生最後の日だと思って生きなさい

NHK「プロフェッショナル」にも出演されていた、「在宅ホスピス」という仕事をされ、何千人もの末期患者を看取ってきた小澤氏が、患者から学んだ数々の大切なことについての書。

 

「もうすぐ死ぬ」という究極の苦しみに、医者は全く無力である。

しかし、無力だからこそ、じっと側にいて、話を丁寧に聞き、苦しみを共に味わうこと。

苦しんでいる人は、ただ相手が「わかってくれている」と思えるだけで気持ちが落ち着くもの。

 

「相手の話を丁寧に聴く」というのは、意外に難しい。

「傾聴すること」の大切さは自己啓発書の王道だが、ことホスピス患者には「アドバイス」や「一般論」は、全く必要ない(はず)。

ただ聞いてあげること。話したいように、話してもらうこと。

そうか、それが「無力だからこそ、出来ることがある」ということなのだ

 

死を間近にした患者が揃って子供らに遺す言葉がある。「勉強はそこそこでもいいから、人に愛される人間になってほしい」とか、「周りの人と支え合って、生きてほしい」という内容のことだ。

高い地位を得た人、多くの財を成した人に特に多いという。

 

人は他人と関わり合わずには生きていけない。

「生きる喜び」はつまるところ、「社会の中で自分が貢献できたと思える事」なのだろう。

自分も40代に入り、自分の事よりも他人の事を気に掛ける時間が増えてきたと思う。決して「承認欲求」ではない。むしろアドラーのいう「貢献感」というやつではないだろうか。若い頃にはあまり無かった大切な気持ちだ。

 

人間として究極の尊厳、それは「明日への希望」を持てることだという。

絶望の中でも、希望が残されている事を、絶対に忘れさせないことが大切だという。

これは、ヴィクトール・Eフランクルの「夜と霧」だ!

明日何をしようか、来年はどうしていたいか、将来のありたい姿、普段当たり前のように考えること、それこそが何物にも代えがたい、素晴らしいことなのだ。

 

死は誰にでも例外なく訪れる。身近な人がそうなった時、自分がそうなった時、このように穏やかに過ごせるだろうか。

「最期のとき、愛する妻の手を握っていたい」。と思った。

果たして、どっちが先に死ぬ??