主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

「戦場のコックたち」 深緑野分 (ネタバレ度:小)

<戦争と、揺れる若者の心>

 

こんばんは。ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

今日は、昨年「ベルリンは晴れているか」でも話題になった、深緑野分さんの本です。

 

戦場のコックたち

 

 <内容紹介 「BOOK」データベース より>

一晩で忽然と消えた600箱の粉末卵の謎、不要となったパラシュートをかき集める兵士の目的、聖夜の雪原をさまよう幽霊兵士の正体…誇り高き料理人だった祖母の影響で、コック兵となった19歳のティム。彼がかけがえのない仲間とともに過ごす、戦いと調理と謎解きの日々を連作形式で描く。第7回ミステリーズ!新人賞佳作入選作を収録した『オーブランの少女』で読書人を驚嘆させた実力派が放つ、渾身の初長編。

 

◆この本の見どころ① コック兵

この本は、ジャンルで言うと、ミステリー+戦争+青春小説です。

 

アメリカ軍に志願した19歳の青年ティムが、1944年、フランスのノルマンディー上陸作戦で初陣を迎えるところから物語は始まります。

 

ティム青年は実家が雑貨屋で、食事を提供していた祖母の影響で料理好き。

そんな彼は、軍の中でも特技兵(コック)に志願します。

 

そんなティムが戦場で同じ仲間とともに、時には前線で、時には後方で、食事係として奮闘します。

 

後方支援で、食料がある時は、しっかり炊事場を設営し、あまり生鮮品はないもののしっかりとした食事を作っています。

 

でも、いったん兵站が途切れると、現在ある食材で何日持たせるか、食糧管理の面でもコック兵は重要な仕事をしていたようです。

コック兵の細かい描写、よほど取材されたのでしょうね。

 

余談ですが、物語中に何度も出てくる「レーション」というシロモノ。

何のことかと思ってネットで調べてみたら、「戦闘糧食」とのこと。

こんなのでした。

amazonで買えるようです!

f:id:chikuwamonaka:20191022210321j:plain

f:id:chikuwamonaka:20191022210335j:plain

中は、ビスケットや缶詰、ナッツなど、しっかり栄養補給できそうですね!
もちろん、70年前はこんないいものじゃなかったでしょうけど。

 

この本の見どころ② ミステリー

内容紹介にもありますが、道中で起こる小さな謎を、同じコック兵のエドとともに、解き明かしていきます。

 

詳しくは書きませんが、謎解きを通し、色んな関係者とつながりができていき、ティムやエドは部隊でもちょっとした有名人になっていきます。

 

この本の見どころ③ 戦争と揺れる若者の心

コックのくだりと謎解きは、物語に奥行きを与える要素であって、結局この作品の主題は、戦争と揺れる若者の心、だと思います。

 

連合国もフランス奪還やドイツに攻め入る際に、大量の犠牲を払っています。

対空砲で落とされる輸送機。包囲される部隊。切られる兵站。

 

ティムもコック兵といえど、普段は武器を持って普通の歩兵として戦います。

というか、ほとんど前線で戦っています。

 

彼の目の前で驚くほどあっけなく、大勢の連合国兵が死んでいきます。もちろんドイツ軍も同様です。

 

生き延びなきゃいけないという気持ちがありながらも、あまりにも間近に多くの死を見ることで、「死」に対する意識が変化していくさまを生々しく描いています。

 

そして、多くのかけがえのない仲間を失い、終戦。

そのとき、その後、彼は何を思ったか。

 

物語前半は、戦場でありながらも、どこかほのぼのとしたところがありましたが、後半は絶体絶命のピンチや仲間の死など、雰囲気が一変します。

 

止まらなくなること、必至ですよ。

 

では、また!