主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

天満天神繁盛亭 ~人生初の落語会

<仕事終わりに思い立ったら、ふらっと寄れます。>

 

こんばんは。ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

「彩ふ読書会」のメンバーに誘っていただき、生まれて初めて落語界に行くことが出来ました。

 

「天満天神繁盛亭」です。

www.hanjotei.jp

 

f:id:chikuwamonaka:20190420215826j:plain

月明かりがきれいですね。

 

 

◆「天満天神繁盛亭」とは?

2006年に誕生した大阪南森町、天神橋筋商店街近くにある、上方落語の常設小屋です。

席数は200席余り。

 

基本は昼席(13時~16時頃)、夜席(18時頃~20時頃)があり、

昼席は、落語8席・演芸2席ほどの本格的な寄席となります。

夜席は、時期・日よって企画が異なり、独演会なども行われています。

 

チケットは2000円~3000円ほど。

座席は自由席です。

 

詳しくはHPにて。

 

◆乙夜(いつや)寄席

そして、私が連れて行ってもらったのは、乙夜(いつや)寄席といって、金曜の21時45分~23時頃に開催させる、夜遅くの寄席となります。

 

落語が3席で、1時間ちょっとで終わります。

料金は1000円です。

 

前売りを買うでもなく、開始時刻前に行き、入り口で1000円を払って中に入ります。

 

座席は最終的に半分程度埋まっていたでしょうか。満員になることはなさそうです。 

まさに仕事帰り、「落語でも」とふと思い立っていけます。ほんとに。

誘い合わせても、ひとりでも。

 

終わるのが遅いので、先に食事していったほうがいいですね。

 

◆本日の演目

いざ中へ。

とても綺麗です。椅子も快適です。

仕事で疲れているので、面白くなければ眠ってしまいそうです(笑)

 

<本日の演目>

① 露の新幸 「時うどん」

② 桂華紋 「粗忽長屋」

③ 桂ちょうば 「八五郎出世」

 

3人とも、大いに笑わせていただきました。

 

新幸さんは、人生初の落語で、しょっぱなに「うどんを食べる」という芸を間近に見られて、感激でした。

 

華紋さんは、行き倒れは実は私?え?という、ドッペルゲンガーのような?話でした(うまく説明できません)。

落語にするのはおそらくかなり難しいだろうな、というような演目でしたが、見事に演じられていましたね~。落語家さんて、本当すごいです。

 

今回のメイン、桂ちょうばさんは何年か前にABCラジオに出演されていた頃、よく聴いていましたので、

「あ、チョバーンの実物や~」って、なんか嬉しかったです。

枕から、アホな話題で大いに笑わされましたが、本編のラストでしんみりする場面もあり、とても充実のお話でした。

 

終演は23時ちょい前。さっさと帰りました~。

また行こう!

これはひとりでも、行けますわ~。

 

 

では、また!