主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

「極夜行」 角幡唯介 (ネタバレ度:中)

<「冒険すること」は、「生きること」と同じ>

 

こんばんは。ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

今日は「探検記」です。

 


極夜行

 

◆なんで、冒険をするの?

角幡唯介さんは、探検家です。

 

彼の過去作品「空白の5マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む」

https://www.amazon.co.jp/dp/product/408781470X/ref=as_li_tf_tl?camp=247&creative=1211&creativeASIN=408781470X&ie=UTF8&linkCode=as2&tag=bookmeter_book_image_image_pc_login-22

 が有名ですが、こちらも、負けず劣らず無茶な探検記となっています。

 

過酷な冒険の中で、彼は何度も死にかけます。

 

何故そんな過酷な冒険をするのか?という問いに対する彼の答えが、冒頭の

「冒険とは、生きることと同じなので、その質問は『あなたは何で生きているんですか?』と訊かれるのに等しい」

という答えになります。

 

彼は、死と隣り合わせの冒険によって、「自分が生きている事」を実感しているのでしょうか。

 

◆「極夜行」という冒険

「極夜」というのは、「白夜」の逆で、極地では冬季には一日中、日が昇らない時期があります。

 

つまり、一日中夜なのです。

 

彼が探検した北緯79度のグリーンランド北西部では、4か月もの間、「極夜」となります。

 

月が出ると幾分明るくなりますが、月のない間は、真の闇がずっと続きます。

 

そんな暗闇で、ずっと探検をしたら、人はどうなるのだろう。

また、4か月振りに昇る太陽を見た時、いったい何を思うのだろう。

 

それが彼の今回の探検の目的でした。

 

◆4年かけて準備

彼は、準備に実に4年を費やします。

・補給拠点づくり

・補給物資の運び込み

・ルートの確認

・同行する犬を買って飼いならす

 

「犬」です!この探検記のキープレイヤーであり、角幡の唯一の旅のお供です。

 

◆トラブルの連続

いよいよ出発!

なのですが、スタートから実にさまざまなトラブルに見舞われます。

・最初からブリザードで長く足止め

・やっと動けると思ったら六分儀が飛ばされてなくなる

・補給拠点が白熊に潰されている

 

こんなのは序の口です。

何度も何度も死にかけます。

 

「真の闇」というのは、常に人を惑わせるようです。

現地のイヌイットの方たちも、毎年10月ごろになると体調をくずすというぐらいですから。

 

そして、食料不足が極限に達し、遂に相棒を食べないと明日は持たない、ところまで来てしまいます。

 

そうしたら、、、。

 

◆「システムの外側」という表現

彼は、探検の意義を「システムの外側」という表現を用います。

 

普段我々は、ほとんどの時間「システム」に守られています。

 

夜も明るく、安全で、雨風をしのげ、虫も入ってこない、エアコンの効いた環境に慣れ、空腹にはなっても飢餓にはならず、わからないことは瞬時にスマホで調べ、、、。

 

探検は、それら一切の「システム」を自らの意思で抜け出し、敢えて自分の体ひとつを大自然の中に放り出し、経験のみを頼りに過ごしてみる行為、とでも言えるのでしょうか。

 

その経験を通して、人間は地球の中に、ただ「生きているのだ」、という実感ができるのでしょう。

 

変な文章になりますが、彼は、死にかけた時、生き生きするのです。

「混沌」を楽しんでいたのです。

 

◆文章がとにかくおもしろい

この本の特徴は、なんといっても「文章がおもしろい」ことです。

死と隣り合わせの過酷な旅なのに、常に軽いタッチの文章です。

 

読み進める楽しさのひとつです。

 

ウンチを犬が喜んで食べるシーン、犬に八つ当たりするシーン、

(あ、犬ばっかり)なんかは、笑いが止まりません。

 

◆そして、太陽が!!

旅も終盤、遂に太陽が昇ります。

圧倒的な存在感に彼は言葉を失います。

 

ここの表現は、ほんとすごかったです。

 

 

メチャクチャ面白い本でした!(ギブミー語彙力)

 

 

では、また!