主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

「それしかないわけないでしょう」 ヨシタケシンスケ

<疑ってみる姿勢が「考える」第一歩>

 

おはようございます!ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

今日は、機能に引き続きヨシタケシンスケ氏の絵本のご紹介です。

 

内容<amazonより>

大人になったときに未来に待っているのは、大変なことばかり。
おにいちゃんはそう言うけど、それって本当!?
それしかないわけないでしょう!
考え方ひとつで楽しい未来がたくさん見えてくるはず。
未来に不安を抱えるすべての人に読んでほしい、
ヨシタケ式「かんがえる絵本」登場!

 この本は、「誰かが言ってたから、そうなる・そうしなきゃいけないってわけではないじゃない!」というメッセージを受け取ることが出来ます。

 

おとな はすぐに、「みらいは きっと こうなる」とか、「だから こうするしかない」とか いうの。

でも、たいてい あたらないのよ。

 

こんなおばあちゃんの言葉。

 

全然別の未来があるかもしれないし、全然別の方法があったっていい。

いつもそうやって考えて行動できていたら、もっと楽しく生きられると思うのに、なかなかそうはなりません。

本当にそれって必要なのか?やらなかったらどうなるの?

いろんなことに「疑ってみる」姿勢、それが「考えること」の一歩だと思います。

 

我慢して勉強しなきゃお金を稼げない、我慢して働かなきゃ老後に困る、野菜を食べなきゃ、運動しなきゃ、料理ぐらいできなきゃ、、

○○しなきゃ~!

って思った時に、これを思い出すようにします。

 

「それしかないわけないでしょう!」

 

娘がよく言うようになったので、イラッとするときがありますけど(笑)

 

では、また!