主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

2020年11月の 読んだ本まとめ

<11月のオススメ2冊!>

 

おはようございます!ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

この何だかよくわからない人生に問い続け、その「わからなさ」を日々味わって楽しんでいきたいです。

 

読書について書いているブログなので、月に一度ぐらいは「今月に読んだ本のまとめ」をやってみようと思い立ち、先月から書き始めたこの記事。

いつもは「読書メーター」という読書サイトに記録を付けていっていますので、そちらもおすすめです。

ちくわ - 読書メーター

 

11月に読んだ本はこちらです。

f:id:chikuwamonaka:20201204053848j:plain

 

11月は10冊でした。

 

よく読めたほう、ですかね。

 

特に印象に残った本として、以下の2冊を挙げたいと思います。

 

 

<感想>

「反応しない」は「無視する」・「ガマンする」では決してありません。「あ、今、自分は反応しているな」ということをメタの視点で認識し、認めること。そのうえで「どうすればよいか」をシンプルに考えること。きわめて合理的な心の持ち方であり、自分にとって学びの非常に多い本でした。

 

 

② 

完全教祖マニュアル (ちくま新書)

完全教祖マニュアル (ちくま新書)

 

 

こちらは読友さんからオススメされ、読んでみた本。

<感想>

面白かった!「あなたも教祖になってオイシイ思いをしよう!」っていう軽いノリのような触れ込みなのですが、中身はどっこい、「なぜ、伝統的宗教は流行し、今でも支持し続けられているのか?」を科学的・論理的に分析されており、非常に勉強になる内容でした。

 

いよいよ12月、年の瀬ですね。

今年の読書メーター登録数(読書冊数)は11月末で98冊まで行きましたので100は目前、年末恒例「今年の読書を振り返る」のも楽しみの一つです!

 

では、また!