主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

オーディオブックについて audiobook② 名作集

こんばんは。ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

今日は、本屋大賞の発表がありましたね。

大賞受賞作「そして、バトンは渡された」、是非読んでみたいです!

 

 

今日は「audiobook」 のご紹介の続きです。

 

 

audiobook.jp

 

◆ちくわが選ぶaudiobookベスト5!

audiobook歴たった 6か月の私が選ぶのはものすごーく身の程知らずですが。

 

まあ、発表します!

 

◆第5位

まずは、これ!

 

audiobook.jp

 

「バッタを倒しにアフリカへ」前野ウルド浩太郎

 

小さい頃からの夢を仕事にできる人は少ないです。

勉学の積み重ねが下地にあるのは当然ですが、日本人がほぼいない異国に単身乗り込んだ勇気と苦労。

行動は出会いを生み、出会いは道をひらく。こういう人生って本当に素敵だと思います。

 

◆第4位

続いては、こちら!

audiobook.jp

 

「君の膵臓をたべたい」住野よる

 

余命1年の女の子と、それを偶然知ってしまった男の子の純愛物語。

ラストはメチャクチャ泣けます。

僕らは「明日が来る」ことをあまりにも当たり前に思っていて、だから、

下らない事に不平不満を垂れてしまうんですけど、

やはりこういう切ない物語に触れて、何気ない日常のありがたみを再認識しますよね。

 

◆第3位

いよいよベスト3です!

 

audiobook.jp

 

「永遠の0(ゼロ)」百田尚樹

自分の祖父世代が、本当にアメリカと戦っていたんだってしみじみ思い、改めて今の平和に感謝です。

 

映画は美化しすぎとの声もありますが、本書では批判的姿勢を忘れていません。

日本の無茶な作戦によって多くの尊い人命が失われたことに、憤りを覚えます。

 

特攻の朝、数え切れない葛藤の末に、それでも笑顔で立っていく若者たち。

ここには書き尽くせない思いがあふれ、涙涙です。

 

◆第2位

いよいよ2位です!

 

audiobook.jp

 

「スマホを落としただけなのに」志駕晃

 

ほんとに、怖すぎます!

こんなことが現実に起こりえるのでしょうか。

 

スマホを落としただけなのに。

しかも自分じゃなくて彼氏が落としただけなのに。

 

ハッキングのテクノロジーも凄いんですが、

逆にそれを使わずに心理的に個人情報を聞き出すという「ソーシャルエンジニアリング」という技術。

 

ネット社会で自分達の身を守るために必要なこと。そんな勉強にもなります。

 

豪華声優陣による、ハラハラドキドキのドラマ。

まさにaudiobookならではの迫力(恐怖)です!!

 

◆第1位

いよいよ第1位です!

 

audiobook.jp

 

「マチネの終わりに」平野啓一郎

です!!

 

文句なし!

 

とってもとっても文章が美しい作品です。

 

主人公の蒔野と洋子。

不器用ながらも惹かれ合う二人。

 

猛烈に切なく、胸に響くストーリーです。

 

文庫はまだかな?待ち遠しいですね。

 

以上、ベスト5でした!

audiobook、もっともっとタイトルが増えてほしいです!

 

では、また!