読書ノートを活用しよう

「読書は1冊のノートにまとめなさい」 奥野宣之

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

「読書の技法」 佐藤優

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門
 

 

「どうやって読んでいるのか?」の速読法より、

「どうやって記憶していくのか」の知識定着法のほうに関心がある。

 

と、いうのも、読書量が増えるにつれ、また速く読めば読むほど、「忘れる」スピードも速まるので困っている。

 

「忘れない読書」は私にとって永遠のテーマといって良い。

 

奥野氏は言う。

「読みっぱなしは読んでいないのと同じ。」

 

佐藤氏は言う。

「自分の頭で考え、取捨選択し、アウトプット作業を経てこそ、知識の定着がある。」

 

かくして、今後は以下の5つのステップを試すことにより、記憶の定着を推進したい。

 

1度目読み ざっと読む。大事だなと思った箇所に付せんを貼っていく。

2度目読み 付せんの場所を読み返し、読書ノートに抜書きしていく。

③コメントのアウトプット 読書ノートに自分の意見を書きこむ。

④「読書メーター」や「ブログ」への投稿によるアウトプット。

⑤読書ノートを定期的に見返す

 

で、やってみた読書ノートがこちら。

f:id:chikuwamonaka:20180920231130j:plain

 

面白い。

論旨を要約しながら、自分のポジションをとりながら書いていくので、おのずと忘れないのだろう。

 

(注)ジャンルは教養書や自己啓発書に向いていると思います。

純文学にも使えますが、エンターテイメント小説には向いていないです、あしからず。