彩ふ読書会 ~大阪堂島 推し本発表会

私ちくわは大阪を中心に開催している「彩ふ読書会」にサポーターとして参加しています。本日11/3は定例会でしたので、レポートさせていただきます。

 

彩ふ読書会の目的は「本が好きな方の居場所作り」です。

「家庭でもない、職場でもない、第三の場所」をコンセプトに、色んな価値観を持った方々が集まり、意見を交換し合うこと、また空間を共有しあうことで新しく生まれる何かを楽しもう、という集まりです。(HPより)

iro-doku.com

ジャンルも問わない、いい意味で、「何でもアリ」な雰囲気が私もすごく好きで、リピーターさんもたくさんいらっしゃいます。

 

読書会は午前午後の二部制になっています。午前は「推し本発表会」、午後は「課題図書検討会」となっています。

 

それではレポートです。

午前の参加者は21人。

3テーブルに分かれてそれぞれオススメの本を持ち寄り紹介しました。

私が参加したテーブルでは8名で、写真のような本が紹介されました。

 

 

f:id:chikuwamonaka:20181103231330j:plain

 

中村文則 「掏摸(スリ)」

芥川賞受賞作家、中村文則の、天才スリ師が主人公の作品。

文学作品なのにエンターテイメント色があり、楽しく読み進められる。

スリの描写があまりにも仔細で、臨場感がすごい。

人間的弱さや人の運命についての描写が、文学的で面白い、ということです。

 

朝倉かすみ「肝焼ける」

女子のちょっと間抜けなところ、滑稽なところが、妙にリアルでモヤモヤしてしまう短編集。

「肝焼ける」は、方言で「イライラする」ということらしいです。

 

赤瀬川原平新解さんの謎

著者は「前衛美術家」で、何気ないことに面白さを見出してエッセイにしたもの。

新明解国語辞典」というのは、「攻める辞書」として有名らしく、面白い用例を例示しているのですが、これがテーブルの大爆笑を誘いました。私は新明解のことは知りませんでしたが、気になる本です。

 

ドリヤス工場「有名すぎる文学をだいたい10ページの漫画で読む。」

人間失格」や「舞姫」など誰もが知っている名作を、たった10ページでしかも漫画でまとめている本。しかもなかなかうまくまとめられている。また著者のプロフィールも載っていて、勉強になる。しかも「定番すぎる・・・」と「必修過ぎる・・・」の3巻既にでているそうです。

 

近藤史恵 「カナリヤは眠れない」

色々な依存症に苦しんでいる女性を、整体師の先生が一緒になって解決していく、短編集。現代病理を表現されていて面白そう。

 

成田名瑠子「東京すみっこごはん」 

食べ物系短編集。誰かと食べるごはん、誰かのために作るごはん。食べることは生きること、それを人に与えられること、分かち合う事のすばらしさを再確認できる、愛があふれるお話ということで、なんか聞いているだけで家族を思い出し、ジーンときます。

 

山田ズーニー「おとなの進路教室」

著者は元進研ゼミ、小論文の先生。

自分が何を大切にしたいのか、軸を持つことの大切さ。

進路について悩んだ時、仕事にくじけた時、この本を読むと助けられる本とのことです。これも読んでみたい!

 

飲茶「史上最強の哲学入門」 

私ちくわが紹介した本です。

31人の大哲学者の難しい理論を、どんな初心者でも理解できるように、ハイテンションな語り口かつ図解付きでまとめられています。一番凄いのは、ここまで分かり易く編集できる飲茶氏の知識量と文章力です。

 

以上、8冊の推し本の紹介でした。

今回は、バラエティに富んでいて、どれも読みたい!と思いました。

 

他2テーブルの本はこんな感じです!どれも面白そうです。

f:id:chikuwamonaka:20181103231526j:plain

f:id:chikuwamonaka:20181103231753j:plain

午後のレポートは、改めて書きます!