「消滅世界」 村田沙耶香 (※ネタバレ有り)

消滅世界

 

近未来の日本。

 

・夫婦間ではセックスしない。むしろ、セックスする人は、ほとんどいない。

・なぜなら、する必要がないから。

・子供は、欲しいと思ったカップルが、欲しいと思った時に精子バンクを使い人工授精する。

・男も人工の育児袋を使って妊娠することができる。

・男同士のカップルでも子供をもうけることができる。

・独りでも。

・家族というのは、気の合う者同士が一緒に住んでいる程度。

・恋愛は男女でなくてもいい。それどころか、バーチャルのキャラクターでもいい。

 

もうすでに、訳がわからなくなってきたと思います。

これがこの物語の舞台です。

 

主人公「雨音」の両親は、セックスをして娘を産みました。

しかし娘はそれが信じられません。なぜなら、夫婦間でセックスをすることは、近親相姦だからです。

 

しかし母親にそれが正常だと言われ育てられてきた雨音は、周囲の友達がそうでないのを知り、何が正しいのかわからない、暗中模索の青春時代を送ることになります。

 

付き合った彼氏ともいつもしっくりきません。セックスを試みるも、相手も何故それをするのか理解できずに雨音のもとを離れていくからです。

 

しかしそんな雨音もやがて一人の男性と結婚しました。

ほどなくして、千葉で大掛かりな社会実験が行われることになります。

それは、全市民がひとつの家族として共同生活をおこない、子供はみんなの共有財産で、すべての大人が親となり、かわりばんこに子供を作っていくという実験都市計画です。

 

雨音は当然、「そんなの絶対うまくいかない」と冷ややかな見方をしていました。

しかし友人がそこに移住したと聞き、雨音夫妻は興味本位で様子を見に訪れることになりました。

すると、、、これ以上は恐ろしくて書けません!

 

村田紗耶香さんの作品は、「常識」「正常」「価値観」というものを強烈に揺さぶってきます。破壊してきます。

 

しかしながら、何故か、全くのSFと割り切れないのです。

こんな時代がもうすぐ来そうな気もしてしまいます。

 

何故でしょう。

 

一つは、よく言われる「価値観の多様化」です。

マイノリティの立場にいた人々や、少数派の考え方が、徐々に認められるようになってきている、ということです。

結婚、子供、家族、生活、男女のふるまい、などにおいて様々な形態があっていい世の中になりつつあります。

 

そしてもう一つは、「価値の根幹をなすものが希薄になりつつある」ということかと思います。

・家族のために一生懸命働く。

・辛くても我慢して働いたら、やがてもっと稼げるようになる。

・男子に生まれた以上は、国家の発展のために身を捧げるのが当然。

・正直に生きてさえいれば、必ず最終的に報われる。

などなどの、「生きる目的」というのでしょうか、「大いなる価値観」が、必ずしもそうでもなくなってきています。そして社会はそれを教えてくれないのです。

自由であると同時に、とても不安な時代になってしまいました。

 

筆者の、持ち前のひねくれ根性で、そういった「価値への問いかけ」を振り切らんばかりに発展させ、この物語が出来たのではないでしょうか。

 

もっと読んでみたい作家さんです。