主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

哲学カフェに参加しました ~神戸哲学カフェ「どうすれば『政府』を信用できるのか」(前編)

<哲学カフェ×政治という初体験>

 

こんばんは。ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

今日書くのは、「神戸哲学カフェ」さん。

「神戸哲学カフェ」さんは、「カフェフィロ」さんとの共催となっています。

 

cafephilo.jp

 

5月の開催に参加させていただきました。

予約不要、参加費500円+コーヒー代。 

 

会場は「Cafe P/S」さん。

とっても素敵なカフェを貸し切っておられました。

 

www.cafe-ps.com

 

◆哲学カフェとは?

・誰もが『対等な立場』で、テーマについて自由に話し合う場

・テーマは身近なこと。(例「お金」「愛」「行動」)

・哲学の知識は不要(全くもって不要です)

・あるのは進行役と少しのルールだけ

 

◆今回のお題

お題は

「どうすれば『政府』を信用できるのか」

でした。

 

私はこちらには初めて寄せていただきましたが、開放的でとても雰囲気のいいカフェでしたね。

 

参加者14名ぐらい。女性の方は4名ほどいらっしゃったでしょうか。

 

◆哲学カフェのお題が「政府」だったらどうなるのか?

私の(短い)哲学カフェ経験の中でも、政治を扱ったテーマは初めてです。

 

政治というのは個々の信条が対立することもあり、しばしば議論になることがあるように思います。

 

私はあまり政治に詳しくありません、そういった議論はできません。

しかし、「哲学カフェ×政治」が敢えてどう展開するのかが知りたくて、参加させていただきました。

 

◆政治家はは「うそ」をつく

「何故政府は信用できないのか?」というテーマに関して、まず「テーマに違和感を抱く」という発言がありました。

それが哲学カフェのいいところだと思います。

 

「政府は信用できないのか?」ということは、前提が「私たちは政府を信用してない」ということになるからです。

 

皆がみんな政府を「信用していない」わけではないからです。

 

まあ、そういった議論もありながら(割愛しますが)、いよいよ「何故信用できないのか?」という検討に移ります。

 

・政治家はうそをつくから

・不都合なことは隠蔽する

・弱者を切り捨てるような政策

・税金の使いみちがおかしい

 

おおまかには、「人」に関すること、「政策」に関することにそれぞれ不満があって、「信用できない」につながるのかな、と思いました。

 

「政治家はうそをつく」

私もそうしたイメージを持っているですが、そう思っている方は一定数いるのではないでしょうか。

・当選したら〇〇します!

・〇年以内に絶対〇〇になります!

という類の約束は、守られないことが多いです。

 

また、自分が起こしたであろう不都合において、

・記憶にありません。

・私は絶対やってません。

というおそらく嘘であろうことを言いきります。

 

では、何故政治家はうそをつくのでしょうか。

そこが広がったらいいな、と思っていたのですが、広げるチャンスを逸してしまいました。

 

◆政府は信用できないのが「当たり前」

この展開は、事前に予想していなかったので、新鮮でした。

 

しかも、同様の意見を持たれている方も数名いらっしゃったかと思います。

 

皆がみんな、信用していたら、それは逆に狂信的な独裁国家のようでキモチワルイ。

確かにそうですね。

一定数の国民は監視している状態が自然である、という感じでしょうか。

 

そこで出てきたのが、「信用はしてないけど、政権は支持している」という意見。

 

「信用」と「支持」は違う、という意見、私はどこか納得感がありましたね。

「信用」はその人すべてに任せきってしまうような状態、「支持」は仕事ぶりに肯定はするけど、全面的に任せるところまではいってない、ようなニュアンスでしょうか。

 

政治というものは多くのしがらみがあって、一筋縄にはいかないものと思います。

 

「もっとちゃんとやれよ!」と我々はやはり思うのですが、私も政治家の世界はほとんど知らないので、「だったらお前がここへ来てやってみろ!」と言い返されるかもしれないですよね。

 

 

◆そして、混沌の後半戦へ。

政治(政策?)論議は前半にも幾つかあったのですが、後半戦は更に混迷の度合いが増すのです。

 

続きは、日を改めて。

 

では、また!