主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

今日の早起きと、「解凍=混乱=再凍結」

<何かを始めるには、まず何かをやめること>

 

こんばんは。ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

早起きに挑戦中。

 

chikuwamonaka.hatenablog.com

 

◆早起きしてできたこと

 

今日は何と、4:30に起きることができました(早)。

布団の中で昨日話題に出した「第2図書係補佐(又吉直樹)」を 読了。

その次は「読書メーター」の読書記録を5冊分更新します。

はかどります。

bookmeter.com

 

次は明日の「彩ふ読書会」の準備。紹介本を選んだり、課題本を読み返したり。

それから、明日夕方の哲学カフェについて思いを巡らしたり。

はたまた案内チラシを印刷したり。

 

「解凍=混乱=再凍結」

まだ夜が明けないので、以前読んだこの本を少し読み返しました。

f:id:chikuwamonaka:20191116214319j:plain

 内容(「BOOK」データベースより)

哲学というと「実世界では使えない教養」と捉えられてきたが、それは誤解。実際は、ビジネスパーソンが「クリティカルシンキング」つまり現状のシステムへの批判精神を持つために、重要な示唆をくれる学問である。本書では、“無知の知”“ロゴス・エトス・パトス”“悪の陳腐さ”“反脆弱性”など50のコンセプトを、ビジネスパーソン向けの新しい視点で解説。現役で活躍する経営コンサルだから書けた「哲学の使い方」がわかる1冊。

 

せっかくなので、その中のひとつを紹介します。

「解凍=混乱=再凍結」。

ドイツ出身の心理学者、クルト・レヴィンによる、組織変革に関する

「3段階組織変革プロセス」

という理論です。

 

組織が変革するためには以下の3つのステップを踏む必要があるということなんです。

 

①解凍:以前のやり方ではダメだ、と決別する時期。

②混乱:新しく導入したやり方に戸惑い、混乱が生じる時期。

③再凍結:新しいやり方に徐々に成功体験が伴い、メンバーに馴染んでいく時期。

 

これを「早起きする」ことに当てはめます。(組織論ちゃうんかい!)

 

①の段階で大切なのは、「何かを始めるためには何かを『やめること』」。

 早く起きるためには、早く寝ること。

 →早く寝るためには、寝る前にしていたことの何かを「やめること」。

 →SNSを見る時間を減らす、ブログにかけてる時間を減らす。

 

②の段階で大切なのは、必ず「前のほうが良かった」という人がいること。

 早く寝ても、朝に二度寝してしまいます。(笑)

 →ともかく、電気をつけて本を読み始めます、、。

 →慣れるまで続けるのみ、、。

 

◆そうこうしているうちに、、

夜が明け、7時になりました。

そろそろ家族が起きてくるので、洗濯を始めました。

 

朝活はやっぱりとても有意義です♪

習慣化できたらいいな。

 

では、また!