主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

きのこや文庫bar

<幸福な時間とは。>

こんばんは。ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

私ちくわがサポーターとしてお手伝いさせていただいている「彩ふ読書会」のメンバーに呼び掛けをし、「文庫bar」でのんびり過ごしたレポートです。 

 

いつもは「平日会」という企画名のもと、時間を決めてフードコートに集まって飲み食い歓談をする、という趣旨で行ってまいりましたが、たまには場所を変えてみようと思い、「文庫bar」で実施することにしました。

 

集まった場所は大阪市内、松屋町空堀町の「きのこや文庫bar」さんになります。

tabelog.com

 

ここは知人に教えてもらい、3度ほど訪れていたのですが、再訪するのは実に8年振りぐらいになります!

 

その前に、、

空堀商店街のうどん屋さんで、空腹を満たします。

いただきます!

f:id:chikuwamonaka:20191128213846j:plain

コシのある冷たい麺に、アツアツの天ぷらがメチャクチャ美味しかった~!!

ごちそうさまでした。

 

さて、いよいよ文庫barへ向かいます。

f:id:chikuwamonaka:20191128214004j:plain

 

店内は10席ほどでカウンターのみ。町屋、というのでしょうか、レトロな内装でとても落ち着いた雰囲気です。

 

背面の大きな本棚から、気になる本を引っぱり出し、眺めてみたり。

お店の方にオススメを、教えていただいたり。

海外文学やミステリー、古典から最近の本について、などなど、本好きが集まると、話しは尽きません。

あっと言う間に2時間近くが過ぎ、解散となりました。

 

お酒やつまみも、美味しかったです。また来させていただきます。

 

短い時間でしたが、まったりとした、というのは、まさにこんな時間ことを言うのだろうと思う、幸福な時間でした。

ありがとうございました。

 

では、また!