主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

暑すぎて、不快

<汗を歓迎しよう>

 

おはようございます!ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

新しい事、楽しい事は、何でも試して、失敗して、楽しんで。

 

 

日々猛烈に暑い中、いかがお過ごしでしょうか。

基本昼間はstay home ですが、さすがに子供も飽きてくるので一日中というわけにはいきません。

夕食後、1時間ほど近所の公園を一緒に散歩したりします。

 

しかし、日が傾いた後でさえかなり暑く、汗だくになってしまいます。

自分も子供もだんだん無言になってきます、、。

 

ここでふと考えてみるのです。どうして暑いのは苦痛なんでしょうか?

暑さは不快です。同じく寒さも不快です。

恒温動物である人間はそこに留まり続けると、命の危険を感じさせるために、本能的に不快な感覚を起こすようになっているのでしょうか。

だとしたら、仕方ありませんね。

汗で体がベタベタするのも不快ですしね。

 

でもここでふと気づきます。

こんな暑い中、マラソンしている人が何人もいます。彼らは不快な暑さの中、楽しそうに走っています(中には苦しそうな人もいますが)。

 

この人たちと自分はどう違うのでしょうか?

ランナーたちは、むしろ暑くて汗を流すことを歓迎しているのではないでしょうか?

汗が大量に流れた方がダイエットできそうな気がしますしね。

 

そこで、自分も「脂肪が燃焼される、汗をかこう!」「汗でベタベタしても、あとでお風呂に入れば気持ちいい。」と気持ちを切り替えて再び歩き出しました。

 

すると、確かに先ほどまでの不快・嫌悪感はかなり軽減されたのです。

本能的な部分さえも、自分の考え方次第である程度どうにかなるもんだと思いました。

 

しかし皆さん、熱中症には十分にお気をつけください!

こまめな水分補給を!

 

では、また!

 

 

では、また!

 

f:id:chikuwamonaka:20200817051600j:plain