主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

「三体Ⅲ 死神永生」 劉慈欣 (上)(ネタバレ・中程度)

<やはり真の敵は「暗黒森林」!>

 

おはようございます!ちくわです。

読書・読書会・哲学カフェが好きです。

この何だかよくわからない人生に問い続け、その「わからなさ」を日々味わって楽しんでいきたいです。

 

今日は、この本。いよいよ完結編になります。(下もありますが)

 

内容<amazonより>

圧倒的な技術力を持つ異星文明・三体世界の太陽系侵略に対抗すべく立案された地球文明の切り札「面壁計画」。その背後で、極秘の仰天プランが進んでいた。侵略艦隊の懐に、人類のスパイをひとり送る――奇想天外なこの「階梯計画」を実現に導いたのは、若き航空宇宙エンジニアの程心(チェン・シン)。計画の鍵を握るのは、学生時代、彼女の友人だった孤独な男・雲天明(ユン・ティエンミン)。この二人の関係が人類文明の――いや、宇宙全体の――運命を動かすとは、まだ誰も知らなかった……。
一方、三体文明が太陽系に送り込んだ極微スーパーコンピュータ・智子(ソフォン)は、たえず人類の監視を続けていた。面壁者・羅輯(ルオ・ジー)の秘策により三体文明の地球侵略が抑止されたあとも、智子は女性型ロボットに姿を変え、二つの世界の橋渡し的な存在となっていたが……。

◆この本は

 

ボリューム:★★★★★(かなりのもの)

読みやすさ:★★★☆☆(しっかり追っていかないと付いていきにくい)

ドキドキ感:★★★★★(絶望と希望の連続)

奇抜さ  :★★★★★(凄いの一言)

 

いよいよ、完結編。一度は三体艦隊を回避した人類でしたが、文明的に遥かに進んでいる三体世界も簡単には諦めません。

さらに、後半では、「暗黒森林」の真の恐怖を知ることになります!

 

◆内容紹介・感想

あえてネタバレを避けると、何も書けなくなるため、前提として上記の「紹介文」にある内容+少しぐらいまでは、書いていきます。

 

冒頭は古代ローマ帝国の、伝記風記述から始まります。

Ⅰ・Ⅱでもあったように、この一見関係のない世界を描いた記述も、のちの展開のメタファーとなっていますので、雰囲気を味わう程度に。

 

本編が始まると、チェン・シンという、「Ⅲ」全体を通しての主人公が登場します。初めての女性の主人公となります。

そして「階梯計画(ラダー・プロジェクト)」という新たな設定の登場。

そのプロジェクトで三体世界へのスパイとして送り込まれるもう一人の主人公となるユン・ティエンミン。

 

そして、今回ストーリーに花を添えるトマス・ウェイド長官。筆者はウェイド長官のような魅力的チョイ悪オヤジを描くのが素晴らしいんです。

 

「Ⅱ」で見事三体世界から地球を守ったルオ・ジーは面壁者(ウォール・フェイサー)を引退し、後継者にチェン・シンがつくことに。

しかしその瞬間を狙って、三体人が攻めてきます!

 

地球は一気に危機に陥るわけですが、ある出来事をきっかけに、三体世界と地球の両方が、その他の宇宙文明世界からの「暗黒森林攻撃」の危機に晒されてしまうことになってしまいます。

 

上巻後半部分では、地球がその「暗黒森林攻撃」から逃れるために新たなプロジェクトが立ち上がり、一気に世界観が広がっていくんです。

 

まず、主人公のチェン・シンはじめ主要人物は、地球の危機を守るためとはいえ、「冬眠」を何度も繰り返し100年・200年と、どんどん時間を飛び越えていきます。その時間感覚のぶっ飛び加減が凄いことになってきます。

そして、恒星間移動などの人類が成しえていない夢の世界の描写も、リアルで生き生きとしていて、楽しいんです!

 

「Ⅲ」では、「4次元」や「曲率推進」など、宇宙の物理法則に関する用語がこれでもかとたくさん出てきます。

たぶん、とてもマニアックな内容だと思われるので、私にとって、細かいことについては、さっぱりわからないのですが、おぼろげでもしっかりと追っていかないと、あとでわからなくなってきます!

 

「暗黒森林宇宙」を敵に回してしまった地球・太陽系の運命は、どうなってしまうのか??

いよいよ衝撃のラストに向かって走り出します!

下巻に続く。

 

では、また!