主に読書メモ・読書会・哲学カフェについて書いています。

彩ふ読書会 ~京都梅小路 11月 ③哲学カフェ"イロソフィア" 「『自信』はどうやったらつくの?」前編

<「自信」は個人的な基準から>

 

私ちくわは関西を中心に活動している読書会、「彩ふ読書会」に、

18年5月からサポーターとして活動しています。

18年12月より始まった京都開催のサポーターリーダーとして、日々お手伝いさせていただいています。

 

彩ふ読書会の目的は「本が好きな方の居場所作り」です。

「家庭でもない、職場でもない、第三の場所」をコンセプトに、色んな価値観を持った方々が集まり、意見を交換し合うこと、また空間を共有しあうことで新しく生まれる何かを楽しもう、という集まりです。

ジャンルは問いません、いい意味でバラけていて、「何でもアリ」なので、男女問わず、また若い方から年配の方まで、気軽にアットホームな雰囲気で、リピーターさんも多数いらっしゃいます。

また、「皆で作っていく読書会」というのも魅力です。私のようなサポーターだけでなく、リピーター参加者の方に進行役や会場セッティングを手伝ってもらいながら、運営しています。

 

iro-doku.com

 

11/17(日)は京都開催でした。

 

午前の部:推し本読書会

午後の部:課題本読書会 「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

夕方の部:哲学カフェイロソフィア 「『自信』はどうやったらつくの?」

 

今日は夕方の部、哲学カフェ「イロソフィア」について書いていきたいと思います。

 

場所などは午前のこちらのレポートをご参照ください。

chikuwamonaka.hatenablog.com

 

「彩ふ読書会」が哲学カフェを開催するのは今回が記念すべき1回目となります(パチパチパチ!)

 

3月と6月には「カフェフィロ」さんに来ていただいて、協力開催というかたちで実施させていただいたり、彩ふ読書会内のコミュニティメンバーで集まって何度か実施しましたが、一般の方をお呼びするのは、これが初めてなんです。

 

◆哲学カフェとは?

・誰もが『対等な立場』で、テーマについて自由に話し合う場

・テーマは身近なこと。(例「お金」「愛」「子供」「嫉妬」)

・哲学の知識は不要(全くもって不要です)

・あるのは進行役と少しのルールだけ

興味のある方は、過去の記事をご覧いただき、雰囲気を感じていただけたらと思います。

 

◆「イロソフィア」のコンセプト

基本的な部分は巷の哲学カフェと同じですが、4つのコンセプトを掲げました。

(作ってくれたひじきさん、ありがとうございます。)

①「当たり前」を見つめなおす

②「新たな気づき」を大事にする

③「自分の言葉」で話す

④カッコつけず「自然体」で

 

小難しい理論は無しにして、ざっくばらんに和やかに。

それでいて、対話を通して何かおみやげを持って帰っていただきたい。

そんな哲学カフェを目指したいと思います。

 

◆では、始めましょう!

本日夕方の部にお集まりいただいたのは14名。男性9名、女性5名。

多くの参加をいただきましたので、 

テーブルを3つくっつけて特大テーブルをつくりました!

 

開始時刻の16:10になりましたので、主催者より挨拶・案内があります。

その後、進行役にバトンタッチし、哲学カフェはスタートです。

 

今回のテーマは、「『自信』はどうやったらつくの?」です。

 

印象に残ったトピックとともに、私の感想を交えてカフェの雰囲気を紹介していきたいと思います。

 

◆自信とは経験

★「自信とは、成功体験である」

「自信」を考えるにあたって、逆に「自信がない」ということを考えてみます。

 

「うまくやれるかどうか不安な状態」という典型的イメージが浮かびます。

失敗して恥をかきたくないし、人に迷惑をかけたくないですしね。

 

新しい仕事に就いたときなんかは、最初は全く自信がありませんが、場数を踏むことによって不安が減少していきますよね。

 

経験を重ねるすることで、技術が向上し、また慣れてきて、「これをやったらこうなる」っていうふうに、だんだん予測できるようになってきます。

 

そうすると、成功のために必要な準備についても解ってきて、自信につながっていくのではないでしょうか。

 

◆自信とは「個人的な基準」とのギャップによる

★自信がないのは「求める姿とのギャップ」が大きいから

では、「求める姿」とはどういうことでしょうか。

英語を巧みに操り海外の方と楽しくやり取りしている自分?

流れるようなスピーチをしている自分?

 

★自分が求める基準が高いほど自信が持てない

ああ、そうなんでよすね。 

理想を高く持つと、できない自分に心底がっかりします。

 

★自信のない人は、努力できる人

これもありますね。

「ギャップ」を意識している人、ということです。

「慢心」という言葉もありますが、これは成長を妨げるものですからね。

 

★自信を持てない人は、自分が「できること」をピックアップしてみるといい

これもわたしにとっての良い気づきでした。

一見、上記と矛盾するかもしれませんが、ギャップを肯定的に捉える人もいれば、否定的に捉える人もいますから。

 

理想からの減点方式ではなく、加点方式に捉えなおすだけで、自己肯定感がよみがえります。

ありもしない「イデア」に囚われるより、いまの自分をまず好きになりたいものです。

 

さあ、「自信」の正体がだんだん見えてきたんじゃないでしょうか。

 

◆自分に保険をかける「自信」

★「試験前に『全然自信ない』って友達に言ってしまう」

ちょっと本筋からは逸れますが、盛り上がったトピックです。

 

誰しも聞いたことある「試験あるある」ではないでしょうか。

自分が持っている手応えからくる「自信」よりも、他人に表明するときはやや低めに言ってしまう心理です。

 

★失敗した時のための保険

★下げといて上げる方が、上げといて下げるよりよっぽどいい

自分に対する保険であり、計算ですね(笑)

 

◆休憩します。

序盤からかなり盛り上がってます。

後半も面白い展開を見せましたよ。

休憩を入れて、再開しますが、後半は日を改めて書かせていただきます。

 

では、また!